エンジニアリングプラスチックの市場規模、2027年に1409億米ドル到達予測

エンジニアリングプラスチックの市場規模は、2022年の1072億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2027年には1409億米ドルに達すると予測されています。同市場は、自動車・輸送、電気・電子、産業・機械、包装、家電などの最終用途産業とともに成長しています。これらの産業の急成長が、エンジニアリングプラスチック市場の発展に寄与すると考えられます。

COVID-19のエンジニアリングプラスチック市場への影響

COVID-19の発生は、全世界のエンジニアリングプラスチック市場の最終用途産業に影響を与えました。社会的な距離を置く規範によるロックダウンや製造オペレーションの中止などから、その影響は経済にも及びました。

COVID-19が大流行する中、多くの企業が事業を継続するために短期計画を導入しました。企業は、非接触型配送によるオンラインプラットフォームでの製品販売を開始しました。

牽引要因:最終用途産業の成長

エンジニアリングプラスチック市場は、自動車・輸送、電気・電子を中心とした最終用途産業からの需要増加により、力強い成長を遂げています。今後数年間は、この最終用途産業が市場を牽引することが予想されます。

テレビ、アイロン、冷蔵庫などの家電製品の販売増に伴い、電気・電子業界でもエンジニアリングプラスチックの需要が高まっています。これらのプラスチックは、家電製品の製造に不可欠な要素となっています。

抑制要因:その他のポリマーとの競争激化

エンプラ材料は、特に低価格帯のエンプラ樹脂において、他のポリマーとの厳しい競争にさらされています。例えば、ABSはポリプロピレンなどの汎用ポリマーとの競争にさらされています。ポリプロピレンは柔軟かつ強靭で、エチレンと共重合させることで優れた性能を発揮します。他のポリマーからのこのような脅威は、消費財や家電製品などのコスト競争力のある市場においてより顕著に表れます。

市場機会:経済的に魅力的な市場

エンジニアリングプラスチックの需要が高まり、その用途が広がっていることから、多くのプレーヤーが市場に参入し、世界各国で、グローバルプレーヤーとローカルプレーヤーの増加が見受けられます。このような競争の激化とエンジニアリングプラスチック市場の細分化が、市場の魅力を際立たせています。

課題:プラスチックの使用と環境リスク

プラスチックは環境に有害であり、その使用は環境NGOから頻繁に批判されています。特に自動車産業や包装産業で使用されるプラスチックは、固形廃棄物の処理問題や経済的なリサイクルの観点から非難の対象となっています。これらの業界では、エンジニアリングプラスチックを製品に組み込むことにとても慎重です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]