APIマネジメントの市場規模、2027年に137億米ドル到達予測

APIマネジメントの市場規模は、2022年の45億米ドルからCAGR25.1%で成長し、2027年には137億米ドルに達すると予測されています。API経済の発展に伴い、データやサービスへのアクセスが容易になり、事業収益につながる事業活動への注目から、事業成長を促すAPI管理に期待が集まっています。

COVID-19のAPI管理への影響

パンデミックは、API管理市場にプラスの影響を与えました。COVID-19の発生により、組織は急速にビジネスプロセスを再構築し、デジタルトランスフォーメーションを導入しています。デジタルファースト戦略により、コンテンツやコミュニケーションの遠隔共有など、新しいビジネス形態に対応するためにAPIが最優先事項となりました。企業は経済やサプライチェーンを新たな視点で見ることを余儀なくされています。APIは、生産台数や不良品など、関連するあらゆるデータを追跡・共有し、メーカーがサプライチェーンの混乱に対応できるよう支援します。API戦略はリアルタイムの状況に対応し、将来のニーズに応えることを可能にします。

牽引要因:データ駆動型意思決定の利用拡大

組織がデータ駆動型の意思決定を採用できるようにするために、APIはデータ消費者と内部-外部マシンまたはユーザー間の中間体として機能します。また、データファーストのアプローチに対応することで、全体的な柔軟性を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

制約要因:API管理ソリューション導入のための熟練した専門家の不足

既存のインフラにAPI管理ソリューションを導入するには、APIの品質、柔軟性、安定性を評価することが重要になります。エラーのないAPI管理環境を実装するには、ソフトウェア開発に関する確かな知識と、API管理および関連技術の最新動向を備えた、熟練した開発者が必要です。したがって、高いスキルを持つプロフェッショナルを見つけるには、雇用とトレーニングに多くの時間とコストがかかります。さらに、API管理ソリューションを複数のプラットフォームと統合するには、これらのソリューションを実装するための専門知識とよく整備されたインフラストラクチャが必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]