リスク分析の市場規模、2027年に705億米ドル到達予測

リスク分析の市場規模は、2022年の393億米ドルからCAGR12.4%で成長し、2027年には705億米ドルに達すると予測されています。厳しい業界規制に対する政府のコンプライアンスの高まり、データ盗難やセキュリティ侵害の発生件数増加、ビジネスプロセス全体の複雑化などのさまざまな要因が、リスク分析ソリューションやサービスの採用を促進することが予想されます。

COVID-19のリスク分析市場への影響

リスク分析は、COVID-19の流行時に、感染抑制に関する意思決定において重要な意味を持つようになりました。状況を効果的に評価し、感染リスクを抑えるためのデータの可視化など、リスク分析ツールが高い需要を獲得しました。ヒューストン大学の研究者たちは、データ解析の助けを借りて、ウイルスの曝露を制限するリアルタイムCOVID-19感染リスク評価アプリケーションを設計しました。

牽引要因:デジタル化の進展とビジネスプロセスの自動化

リスク分析市場は、AI、ブロックチェーン、ML、IoT、ビッグデータなどの様々な技術の出現により、革命を起こしつつあります。これらの技術を採用するために、多くの企業は従来の業務システムを自動化されたデジタルシステムに置き換え始めています。スマートオートメーション、ビジネスプロセスオートメーション(BPA)、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)などのテクノロジーは、業界を問わず広く採用されています。銀行・金融業界では、さまざまな規制要件を遵守し、取引後のコンプライアンスチェックを実施する必要があります。RPAに対応したプロセスは、複雑さを軽減し、時間消費を最小限に抑えます。これらのテクノロジーは、リスク分析市場における新規参入者のハードルを低め、アクセスを簡素化しました。銀行は、バーチャルアシスタントの導入により、よりパーソナライズされた顧客体験を提供できるようになりました。

ロボアドバイザーやチャットボットなどのデジタル技術や自動アドバイザリーシステムは、銀行・金融、保険、小売・消費財、ヘルスケア・ライフサイエンスなど、さまざまなエンドユーザー産業で広く採用されています。これらの技術は、リスク管理、費用対効果、ワークフローの自動化、データ保護、ターゲットマーケティングなど、包括的な技術基盤ソリューションを提供します。リスク分析プロバイダーは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)技術の助けを借りて、顧客に焦点を当てたソリューションの提供に積極的に取り組んでおり、市場全体の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]