教育用ロボットの市場規模、2027年に32億米ドル到達予測

教育用ロボットの市場規模は、2022年の14億米ドルからCAGR17.3%で成長し、2027年には32億米ドルに達すると予測されています。

製造業におけるロボット導入や、サービス分野を変革するための人型ロボットの研究・製品開発の増加が、同市場の成長に関わる牽引役となっています。

牽引要因: 教育・産業分野における協働ロボットの需要増

協働ロボットは、初心者のユーザーが手頃な価格で、簡単にプログラミングできるように変化しています。これらのロボットは、研究と教育の2つの異なる用途で使用されています。大学では、新しいアプリケーションの発見、既存のアプリケーションの改善、ロボットの効率化、職場の健康や労働安全に対するロボットの影響の研究など、さまざまな産業分野で協働ロボットの可能性を活用するための研究が行われています。例えば、各国の大学では、医師や外科医を支援するため、医療処置に協働ロボットを使用することを研究しています。一方、大学やコミュニティカレッジでは、社会に出るために必要なスキルや技術を学生に教えるためにロボットを配備しています。米国では、ジョンズ・ホプキンス大学、メリーランド大学、バージニア工科大学、マーシャル大学などが専用の協働ロボット教育センターを設置し、学生に協働ロボットに触れさせ、研究の機会を提供しています。

抑制要因:教育用ロボットにかかる高コスト

トレーニングや教育に使用されるロボットの多くはペイロードが10kg以下ですが、場合によっては、60kgまでの高可搬質量のロボットも使用されています。産業用ロボットのコストは、統合コスト、エンドエフェクター、ビジョンシステムなどの周辺機器のコストと相まって、教育機関にとって高額な投資となります。ヒューマノイドロボットの価格は7,000米ドルから5万米ドルと言われています。例えば、PAL Robotics社(スペイン)の人型ロボット「TIAGo」は、約5万米ドルです。教育訓練用のヒューマノイドロボットの高コストが、教育用ロボット市場の成長を抑制しています。

市場機会:高校における産業用ロボットの導入

産業界のロボットの自動化に対応するため、ロボット工学や関連分野の授業を行う中等教育機関が世界的に増加しており、産業用ロボットメーカーが開発した教材の採用や、特別なラボが構築されています。その目的は、生徒に産業技術の仕組みに関する基礎を身につけさせ、自動製造業でのキャリアに触れさせることにあります。例えば、ABBは産業用ロボット教育のために、米国内にモトロー州立コミュニティカレッジ、ジェファーソン州立コミュニティカレッジ、ヴィンセンズ大学、ロボティクス・テクノロジーパーク、フォックスバレー技術大学、ピードモント技術大学の6つの提携大学を持っています。

課題:トレーニングセンターが直面する実地研修の難しさ

産業用ロボットの設置、試運転、トレーニングには人的資源が必要です。世界的に行われているパンデミック対策により、ハンズオントレーニングの実施が困難になっています。トレーニングの多くはオンラインで行われ、ロボットシミュレーションソフトウェアも活用されていますが、それらは実世界の動作シナリオの利点を提供するものではありません。教育機関やトレーニングセンターは、パンデミック状況下において実地訓練のアプローチを提供することができません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]