超高分子量ポリエチレンの市場規模、2027年に28億米ドル到達予測

超高分子量ポリエチレン(UHMW PE)の市場規模は、2022年の18億米ドルからCAGR9.1%で成長し、2027年には28億米ドルに達すると予測されています。航空宇宙・防衛・海運業界や膝・股関節置換の整形外科インプラントからの需要増が、UHMW PE市場の牽引役となっています。一方、PEEKやアラミド繊維などの代替品が入手可能であることが市場成長の妨げとなり、メーカーの課題となる可能性があります。

牽引要因:航空宇宙・防衛産業からの需要増加

エアバスによると、世界の都市部の人口は2030年までに50億人に達し、今後10-15年の間に51%から60%以上に増加する可能性があると言われています。また、航空旅客数の増加により、航空宇宙産業の世界的な需要の高まりが予想されます。就職や進学のための学生の旅行増加、レジャー費の増加といった要因も、航空旅行の需要増加につながると思われます。

また、インド政府による「Ude Desh Ka Har Nagrik」や中国政府による「Belt and Road Initative」などの政府の取り組みも、航空宇宙・防衛産業の成長に寄与しています。

抑制要因 原材料の入手可能性と価格の変動

超高分子量ポリエチレンの原料であるエチレンモノマーの価格が大きく変動しています。その理由は、成分である原油にあり、原油価格の変動は、ロシアとウクライナの戦争をはじめとする様々な事例に起因しています。ポリマーやエラストマーなど、原油を原料とする製品の入手可能性は、各国の輸入や生産に依存しています。

市場機会:電気自動車の需要増

超高分子量ポリエチレンは、電気自動車に広く使用されています。Celanese Corporationなどの企業は、EVの需要増に対応するため、UHMW PEの生産を増やしています。国際エネルギー機関(EIA)によると、バッテリー電気自動車は、2020年に電気自動車の新規登録とストックの3分の2を占めました。電気自動車450万台のうち、中国が最大保有台数を占めていましたが、2020年には欧州が最大の年間増加率で320万台に達しました。2020年の電気自動車の新車登録台数は約300万台となり、その新規登録台数は、初めて欧州が140万台でトップとなりました。中国は120万台でこれに続き、米国は29万5千台の新規登録が報告されています。

超高分子量ポリエチレンの市場エコシステム

2022年の超高分子量ポリエチレン市場は、形態別にシートセグメントが最大シェアを占めています。機械装置産業におけるUHMW PEシートの広範な使用は、同市場におけるシートへの需要を牽引しています。また、シートはヘルスケア&医療最終使用産業からの需要増により、2022年から2027年の間急成長することが予想されています。吸湿性が低いその性質から、食品生産ユニット、コンベヤーベルト、生産ライン、海洋用途にも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]