SOARの市場規模、2027年に23億米ドル到達予測

SOAR(セキュリティオーケストレーション、自動化、レスポンス)の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR15.8%で成長し、2027年には23億米ドルに達すると予測されています。フィッシングメールやランサムウェアのインシデントの増加が市場の成長を促進しています。一方、最新のITインフラの欠如が成長を制限する可能性があります。

COVID-19のSOAR市場への影響

パンデミック時には、BFSI、ITおよびITeS、ヘルスケア、その他の垂直分野でのデジタルトランスフォーメーションが増加します。リモートワークの採用により、Webとクラウドのトラフィックが増加し、サイバーセキュリティとセキュリティのオーケストレーション、自動化、レスポンスセキュリティのニーズが各セクターで急増しています。2020年のCOVID-19の大流行により、様々なサイバー脅威や攻撃に対処するためのセキュリティオーケストレーション、自動化、レスポンスセキュリティの需要が企業の間で高まっています。

牽引要因:フィッシングメールやランサムウェアのインシデントの増加

既存のツールやスタッフを大幅に強化することが、フィッシング問題への優れた対策となります。SOARでフィッシングのトリアージを自動化することで、手作業のほとんど、場合によってはすべてを排除することができます。SOARを使えば、すべてのイベントおよびサポートするすべてのステップをマシンスピードで処理することができます。SOARソリューションが電子メールの取り込みと解析、脅威インテリジェンスのルックアップの実行、レスポンスと修復の処理を行うことは、すべてのステップが人間の能力をはるかに超える速度で実行されることを意味します。これらのステップは、自動化プレイブックによって実行されます。SOARソリューションは、悪意のあるメールが見つかった場合、直ちに組織内のすべてのメールボックスを検索し、問題とする指標が存在するメールボックスを特定することができます。

抑制要因:サードパーティアプリケーションへの信頼の欠如

サードパーティのSOARサービスプロバイダーにセキュリティ業務を委託する場合、サードパーティのインフラ自体のセキュリティや管理能力の喪失など、複数の考慮すべき問題があります。サービスプロバイダーのサイバーインフラは、最新の脅威にも対応できるよう、セキュリティが確保されていることが不可欠です。SOARプラットフォーム・プロバイダーのインフラには、複数の組織の重要な業務情報や人事情報が保管されており、繰り返し行われる複雑な攻撃の影響を受けやすくなっています。このことは、企業がサービスプロバイダーにデータを渡すことを躊躇させる要因になりかねません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]