患者体温モニタリングの市場規模、2027年に49億米ドル到達予測

患者体温モニタリングの市場規模は、2022年の36億米ドルからCAGAR6.4%で成長し、2027年には49億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、感染症の発生率の上昇、老人や小児人口の増加、高度な温度監視デバイスの需要の増加などが主な要因となっています。

COVID-19の患者体温モニタリング市場への影響

COVID-19パンデミックの出現は、世界の医療提供体制を変え、発熱と感染の早期警告を提供するために、患者体温モニタリングデバイスの需要にプラスの影響を与えました。COVID-19、ムコール菌感染症、肺炎、その他の関連感染症が増加したため、同市場は過去最高の成長を経験しました。これは同時に、ウイルスによって引き起こされるアウトブレイクを検出するために例外的に使用されていた赤外線(IR)温度計など、非接触温度計の必要性を明らかにしました。

COVID-19パンデミックの状況下では、感染を最小限に抑えるには社会的距離を置くことが唯一の解決策であることを考えると、患者用体温モニタリング装置は、魅力的で効果的、かつ価格も手頃な選択肢となります。さらに、これらの製品は医療従事者の安全を守るために非常に重要な役割を担っています。

牽引要因:人口増加と感染症の蔓延

世界の人口は、毎年約1.03%のペースで増加しています。この人口増加は、人口密度の高い地域と相関しており、感染症やウイルスの蔓延を促進します。2021年現在、SARS-COVID、結核、マラリア、肺炎、デング熱、HIV、百日咳が世界で最も蔓延している感染症やウイルスであり、今後も増加することが予想されています。これらの感染症は、老年層や小児層が最もかかりやすいと言われており、特徴的な体温の変化を伴います。そのため、体温を適時にモニタリングすることで、これらの疾患の効率的な診断と治療につなげることができます。

市場機会:新興国での需要増

インド、ブラジル、メキシコなどの新興市場は、患者体温モニタリング市場で活動するプレーヤーに大きな成長機会を提供すると予測されます。新興市場における体温モニタリングの需要増に対応するため、複数のメーカーが、製品の流通や製造に関する戦略的買収や契約・提携に注力しています。また、成熟市場での競争激化により、メーカーはアジア太平洋地域とラテンアメリカ地域の新興市場に焦点を移すことを余儀なくされると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]