ハース (囲炉裏・暖炉)の市場規模、2027年に148億米ドル到達予測

ハース (囲炉裏・暖炉)の市場規模は、2021年の93億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2027年には148億米ドルに達すると予測されています。多数の標準およびカスタマイズされた暖炉などのハース (囲炉裏・暖炉)の設計オプションが利用可能であることが、同市場の成長を促進する要因となっています。

牽引要因:ホームオートメーションに対する需要の増加

ホームオートメーションとは、一般的な家庭の活動やプロセスを集中的に制御して自動化することです。デバイスや家電製品は、接続されたネットワークを介して遠隔操作で情報やコマンドを送信することができます。通常の使用状況に関する情報を内蔵することで、システムがユーザーのニーズに応えて異常を示し、不要な事故を防止することができます。また、スマートホームデバイスを利用することで、家電製品を遠隔監視し、安全に電源を切ることができます。ホームオートメーションの最も大きな利点は、周囲の安全を守り、ハースを制御し、火災、水漏れ、ガス漏れなどの災害を防止することです。

自動化された住宅では、温度調節、照明のオン/オフ、天候に応じた窓の開閉などを自動化しながら、エネルギー使用をより適切に制御することができます。自動化はエネルギー使用に関する洞察をもたらし、最終的にはエネルギー効率とエコロジーの認識向上へとつながります。

抑制要因:ハースの設置・維持コストの高さ

暖炉の設置には、煙道、換気口、煙突の費用が含まれます。ガス暖炉にはガス管工事が、電気暖炉には、配線工事が必要となり、ガス・電気代もかかります。薪暖炉の場合、煤が付着するため、頻繁に掃除が必要です。技術的なアップグレード、政府の規制、環境規範、厳しいテストなど、製品を市場に導入するための承認要件は、追加コストと製造サイクルタイムに負担となります。高い追加コストは暖炉の価格を上昇させることで、他の代替品が選択される可能性があります。

市場機会:接客業におけるハース製品の需要拡大

ホテル、レストラン、クラブ、都市型店舗など、ホスピタリティ産業のハースは、公共の場を華やかに演出します。ホスピタリティ用のハースは、装飾品を照らし出し、インテリアを引き立てて来客にアピールします。装飾は、ホテル、レストラン、バー、クラブハウス、ショップ、公共スペースのブランドイメージに反映され、訪問中の顧客体験の重要な要素として機能します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]