ビデオ管理システムの市場規模、2027年に310億米ドル到達予測

ビデオ管理システムの市場規模は、2022年の109億米ドルからCAGR23.1%で成長し、2027年には310億米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のビデオ管理システム市場への影響

COVID-19の発生は、製造業や自動車、IT、輸送・物流、医療・生命科学、小売業など、主要な産業の業務に大きな影響を与えました。また、エネルギー・公共事業、政府、教育、BFSIなどの分野には、中程度の影響を及ぼしました。

牽引要因:セキュリティ監視の強化

警備会社は、監視業務の規模を公開分析することにあまり積極的ではありません。監視ツールの提供は、犯罪防止に役立つことに間違いありませんが、悪用されたり、市民の権利が損なわれたりする可能性もあります。過去20年の間に、大規模なテロ事件が発生し、さまざまな監視技術の利用が議論されるようになりました。しかし、一般市民を対象とした研究はほとんどありません。この分野では、プライバシーとセキュリティ間のトレードオフを想定しつつ、テクノロジーを駆使した改革を進める必要があります。さらに、大手企業により提供される、8メガピクセルのCCTVカメラなどのデバイスは、さらなる課題となり得ます。CCTVセキュリティと監視カメラによる膨大な視野は、IP駆動のカムや、暗視などの機能を備え、市場の成長を後押しするものと思われます。

抑制要因:コンテンツの重複リスクの高さ

テクノロジーの急速な発展やビデオ管理の成熟に伴い、専用のストレージ、中断のないストリーミング、および強化されたセキュリティ監視を顧客に提供するために、ビデオ管理ソフトウェアを選択する企業が増えています。ビデオ管理サービスプロバイダーは、コンテンツ開発コストの上昇に伴い、利益を生み出す必要に迫られています。ビデオコンテンツの複製は、世界中のコンテンツ制作において一般的な方法となっており、この問題は、全体のコスト構造を引き上げることになります。ビデオコンテンツの商品化の脅威は、ビデオ管理ディストリビューターにとって常に存在します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]