クラウドストレージの市場規模、2027年に1837億米ドル到達予測

クラウドストレージの市場規模は、2022年の786億米ドルからCAGR18.5%で成長し、2027年には1837億米ドルに達すると予測されています。同市場は、地域間でのクラウドコンピューティングサービスとアプリケーションの急速な成長、非構造化データの量の急増、IoT、分析、AI、ML、自動化などの先進技術に対する高度なカスタマイズ需要、リモートワーク時のデータの利用可能性、リアルタイムに管理された情報の拡張性、柔軟性および俊敏性などにより、牽引されています。

COVID -19のクラウドストレージ市場への影響

COVID-19の世界的なロックダウン、事業継続の課題、在宅勤務の急増などにより、組織は、クラウド環境に移行することで危機に対処し、分散したチームや従業員の日々のデータへのアクセス、共有、および仕事のコラボレーションなどが求められています。音声・ビデオ会議やコラボレーション・サービスを利用した在宅勤務の増加により、2倍の速度と精度で効率的に作業するためのバックエンドサポートサービスが重視されており、これらのサービスにユーザーを接続するネットワークのトラフィックが増加しています。堅牢で豊富なアーキテクチャ、インフラ、高度な技術的洞察力を持ち、途切れることのない顧客体験を提供するプロバイダーだけが、この負荷の増加に対応することができます。

牽引要因:データおよびファイルへのユビキタスアクセスを提供する必要性

COVID-19の発生により、在宅勤務の習慣が増え、企業は、ビジネスの継続性を確保し、増加するワークロードをサポートし、より良いコラボレーションを促進する必要に迫られています。クラウドにデータを保存することで、従業員はクラウドドライブ経由でファイルを共有・送信し、データリソースやファイルへのユビキタスアクセスを確保することができるようになります。LogicMonitorの2020 Cloud 2025レポートによると、世界のIT意思決定者の85%以上が、COVID-19の大流行により、世界中の多くの組織でクラウド移行が促進されると予測しています。なかでも、米国、カナダ、英国がクラウド移行の最前線に立つとしています。

複数のクラウドストレージ企業が、Microsoft、Oracle、Google、pCloud、Dropbox、Boxなどの企業が提供するファイルホスティングや共有サービスに依存しています。しかし、市場の多くは、一定のプレーヤーにより占有されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]