組織診断の市場規模、2027年に73億米ドル到達予測

組織診断の市場規模は、2022年の53億米ドルからCAGR 6.6%で成長し、2027年には73億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に腫瘍性疾患の有病率の上昇と腫瘍学的スクリーニングの高い需要によるものです。一方、熟練した専門家の不足は、市場の成長を制限する可能性があります。

COVID -19の組織診断市場への影響

COVID-19は、ハイスループットおよびシーケンスベースの診断テストに対する需要の増加により、組織診断市場にプラスの影響を与えました。例えば、Brooks Automationのライフサイエンス部門の売上高は、2020年の1億2980万米ドルに対し、2021年には1億9960万米ドルとなり、54%増加したことが報告されています。同様に、2021年のRoche Diagnosticsの売上は、28%増加しました。

世界各国がパンデミックの影響を受け、がん検診やがん診断の件数は急激に減少しています。米国市場の初期分析では、2020年2月から3月にかけて、新規に診断された転移性非小細胞肺がんの患者数が30%以上減少しており、これは、わずか1カ月で大きく減少したことを意味します。このことは、特定の患者に有効な精密医療治療を支えるバイオマーカーであるKRAS、BRAF、EGFRの検査率にも影響を及ぼしました。国の大半が厳格な自宅待機命令を下した2月に実施されたEGFR検査は約4,000件で、前月から13%減少しました。

スコットランドの暫定最高医学責任者は、プライマリケア医によるがん患者の緊急紹介が、過去3年間の週平均と比較して4月中旬までに70%以上減少したとしており、イングランドでも同様の減少が報告されています。この減少は、1週間に診断される癌が約2,000人減少していることを意味するとCancer Research UKは指摘しています。

剖検などの病理組織診断サービス、スクリーニングサービス、教育、トレーニング、品質保証など、これらのサービスすべてがCOVID-19の影響を受けています。研究用の新鮮な組織や凍結切片、ホルマリン固定した組織や大小さまざまな臓器などの生体材料は、SARS-CoV-2の感染経路となる可能性があると見られています。

研究協会やその他の医療機関は、適切な抗COVID薬や検査装置を開発するために様々な試みを行っており、組織診断市場の成長を促進することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]