デジタルツインの市場規模、2027年に735億米ドル到達予測

デジタルツインの市場規模は、2022年の69億米ドルからCAGR60.6%で成長し、2027年には735億米ドルに達すると予測されています。製造業において、コスト削減やサプライチェーンオペレーションの改善のためにデジタルツインが重視されるようになり、市場は有望な成長ポテンシャルを持つようになりました。また、医療業界におけるデジタルツインへの需要の高まりや、予知保全への注目が、同市場の成長をさらに後押ししています。

COVID-19のデジタルツイン市場への影響

COVID-19の発生と拡大は、2020年の製造工場の閉鎖により、輸出志向の経済に大きな打撃を与えました。自動車・輸送、航空宇宙、インフラなど多くの産業で一時的に操業を停止したため、デジタルツイン市場の成長を妨げました。また、2021年には調達・供給の遅れが発生しましたが、ヘルスケアや食品&飲料業界においてデジタルツインの導入が進んだことで、2020年後半から2021年前半にかけて市場成長への悪影響は軽減されました。パンデミックの影響がほぼすべての分野に及んだため、新規建設、スマートシティプロジェクト、スマートインフラプロジェクトは一時的に保留され、遅延したことで、2020年、2021年再開後も、多くのプロジェクトは当初の予定より遅れることになりました。しかし、COVID-19終息後には、市場は安定的に成長すると思われます。

牽引要因:製造業におけるコスト削減とサプライチェーンの改善

計画外のダウンタイムや生産の無駄は、製造業に深刻な影響を与えます。そのため、将来の損失を回避するために、起こりうる欠陥や故障を事前に判断できるシステムが必要とされています。デジタルツインを使用することで、製造に必要な時間とコストを削減することができます。また、エンジニアは、設計段階でプロトタイプを修正することで、製品の性能を最適化することができます。デジタルツインで作成されたデジタルプロトタイプは、シミュレーションに使用することができ、より少ない時間と最小限のコストで、任意のインスタンスによる変更を可能にします。また、構成管理、資産管理、工程管理、性能管理、シミュレーション・モデリングなど、製造業における数多くのアプリケーションを保持することが出来ます。デジタルツイン技術で使用されるデータは履歴データであり、リアルタイムのデータで動作する例はほとんどありません。アナリストは、デジタルツインを使用して、サプライチェーンの挙動を理解し、異常な状況を予見しつつ、コスト削減とプロセス効率の向上のためのアクションプランを作成することができます。デジタルツインは、サプライチェーンの設計テストを改善し、リスクとテストの結果を監視して傾向を認識することで、プロセス変更の影響をシミュレートして、企業を支援することができます。デジタルツインは、サプライチェーンに関連するすべてのプロセスとボトルネックの連続的なエンドツーエンドの画像を提供し、問題をより速く、最小限の人的介入での解決を実現します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]