ボットサービスの市場規模、2027年に67億米ドル到達予測

ボットサービスの市場規模は、2022年の16億米ドルからCAGAR33.2%で成長し、2027年には67億米ドルに達すると予測されています。低運用コストでのカスタマーサポートのニーズの高まりや、ヒューマンエラーの最小化による精度の向上など、さまざまな要因が同市場におけるボットサービスの採用を促進する見込みです。

COVID-19のボットサービス市場への影響

COVID-19パンデミックは、IT分野には中程度の影響を及ぼしています。IT業界では、ハードウェアの供給量の減少や製造能力の低下により、IT インフラの成長が鈍化しています。また、ソリューションやサービスを提供する事業も、一時的に減速することが予測されます。その後、コラボレーション・アプリケーション、分析、セキュリティ・ソリューション、人工知能(AI)の利用は上昇することが予想されます。製造業、小売業、エネルギー・公益事業などは緩やかな減速を示し、BFSI、政府、ヘルスケア・ライフサイエンスはわずかな影響が見受けられました。このパンデミックは、少なくとも8〜12カ月の期間は、さまざまなビジネスの市場や消費者行動、経済や地域社会に影響を及ぼしています。消費者需要はオンラインチャネルに移行することが予想され、企業はオンラインプレゼンスを拡大する必要に迫られています。

組織は、AIボットの導入により、従業員の生産性と満足度を向上させるために、パーソナライズされた方法で従業員を関与させる方法を模索し始めています。世界中のさまざまな国の政府がデジタルチャネルに焦点を合わせ始めています。 銀行はリモートでの販売方法に移行し、顧客へのデジタルアウトリーチを開始することで、各種ローンの柔軟な支払いに対応しています。

牽引要因:マーケティング強化のためのソーシャルメディアとチャットボットの統合

現在、消費者は興味のある情報をオンラインで検索し、素早く簡単に手に入れることができます。事業者が顧客に簡便な体験を提供できなければ、顧客は不満を募らせ、より良いサービスを求めて他の事業者に乗り換えてしまうかもしれません。ソーシャルメディア上のチャットボットは、マーケティング担当者の間では、必須と見なされるようになってきており、ユーザーとの非公式な接触を促進することで、その有効性を証明しています。

スマートチャットボットでソーシャルメディアプラットフォームの顧客ケアを自動化することを選択すると、企業にとって様々な新しい利点につながる可能性があります。最も大きな利点は、チャットボットが消費者にスマートなアシスタントを提供し、カスタマーサポートの幹部のような方法で消費者とコミュニケーションをとることができることです。また、ボットは顧客に関する情報を収集し、どの製品に最も興味があるのかを知ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]