ジメチルホルムアミド(DMF)の市場規模、2027年に27億米ドル到達予測

ジメチルホルムアミド(DMF)の市場規模は、2022年の23億米ドルからCAGR3.2%で成長し、2027年には27億米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋地域の最終用途産業別では、エレクトロニクスがブームとなり、ジメチルホルムアミドの需要増につながると予想されています。

牽引要因:最終用途産業における高い需要

ジメチルホルムアミドは万能溶媒です。PU(ポリウレタン)の製造のための原料として使用されます。PUは、革製品や靴底などの消費財の製造に使用される重要な成分です。ジメチルホルムアミドは、医薬品や農薬の製造にも使用されます。また、主にエレクトロニクス、アクリル繊維、医薬品などの吸収剤としても使用されることがあります。

抑制要因:長期間の暴露による健康への影響

ジメチルホルムアミドは万能溶剤であるため、多様な製造業で使用され、多くの人が曝露されます。また、皮膚から吸収されやすく、肝障害などの悪影響が懸念され、皮膚障害やアルコール不耐性を引き起こすことでも知られています。そのため、作業者はジメチルホルムアミドに接触しないようにする必要があります。

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)、米国労働安全衛生局(OSHA)、米国産業衛生専門家会議(ACGIH)は、ジメチルホルムアミドの許容暴露限界値(PEL)または限界値として、空気100万分の10または空気1立方メートルあたり30ミリグラム(30mg/m3)を勧告しています。健康へのリスクを考慮し、作業者は8時間以上ジメチルホルムアミド溶媒にさらされないことが推奨されています。

市場機会:自動車産業と電子産業での需要拡大

ジメチルホルムアミドは、非常に汎用性の高いPUエラストマーの製造によく使用されており、靴の製造において、高いレベルの弾性、引張強度、伸張性、衝撃吸収性を提供します。また、PUは合成皮革の製造にも役立っており、合成皮革を採用する、履物産業や自動車産業でも使用されています。PUの合成皮革は軽量で、見た目も高級感があり、使い心地も良く、耐水性、耐摩耗性に優れ、ドライクリーニングが可能と、メンテナンスも容易です。また、合成皮革は本革に比べ低コストで利用できるため、自動車業界においては、高級車での利用が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]