IoTインテグレーションの市場規模、2027年に92億米ドル到達予測

IoTインテグレーションの市場規模は、2022年の24億米ドルからCAGR30.2%で成長し、2027年には92億米ドルに達すると予測されています。同市場の主な推進要因は、業務効率の向上です。これは、膨大な量のデータを維持し、データのセキュリティとプライバシーを強化し、業務プロセス全体を最適化することで実現されます。IoTインテグレーションサービスにより、継続的なリアルタイム監視を通じて、企業はビジネスプロセス全体の業務効率を高めることができます。

COVID-19のIoTインテグレーション市場への影響

パンデミック時の顧客の需要の高まりにより、IoTインテグレーションサービスの導入が増加しました。企業のビジネスクリティカルなタスクへのシフトと在宅勤務戦略の採用が、市場におけるIoTインテグレーションサービスの需要を刺激しています。例えば、HCL Technologiesが提供したデータによると、2020年3月30日、HCLインドベースの従業員の76%、その他の地域のHCL従業員の92%が、COVID-19発生時に政府および地方自治体の安全ガイドラインに従って在宅勤務するよう要請されたとのことです。

牽引要因:ワイヤレス技術の発展

ワイヤレス技術は、通信や、ロボット、ドローン、自動運転車、新しい医療機器などの新興技術において重要な役割を担っています。低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)、長距離広域ネットワーク(LoRaWAN)、5G、無線センサーネットワーク、IPV6の採用が進み、IoTデバイスの需要が増え、今後2年間で無線技術に対する要件が高まることが予想されます。

これらの新興技術は、低消費電力や長距離通信などの機能を提供し、IoTの革新のための適切な基盤とプラットフォームを構築します。例えば、2018年、SenetはInland Cellularと提携し、Inland CellularがLPWAN技術の助けを借りて、タンクの監視、水の計測、管理などのさまざまなIoTユースケースを提供できるよう支援しました。LPWANやLoRaWANなどの無線技術の発展が進む中、両社はIoT分野、特にスマートシティ、スマート農業、環境モニタリング、産業アプリケーションなどに優れた適合性を提供します。

抑制要因:IoTプロトコルの標準化不足

IoT対応機器間でデータを共有したり、インテリジェントネットワークを形成したりするには、共通のプロトコルや通信規格が必要です。接続された機器間の相互運用性と容易な情報交換は、最も重要なことです。しかし、IoTインテグレーションサービスに関連する現在の技術および市場のシナリオは、異なる接続デバイス間の相互運用性の問題を解決するための有望なアーキテクチャサービスや普遍的な標準を提供しません。相互運用性は、IoTインテグレーションを活用した製品やサービスの成長と成功に重要な役割を果たします。すべての業界と顧客層にとっての課題は、デバイスと製品間のIoT接続性であり、そのシステムはグローバルな接続性と統合基準を満たしているとは言えません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]