地中レーダー(GPR)の市場規模、2027年に4億5300万米ドル到達予測

地中レーダー(GPR)の市場規模は、2022年の3億1500万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には4億5300万米ドルに達すると予測されています。GPRの需要が高まるにつれて、GPRソフトウェアの需要も高まっています。GPR装置とソフトウェアによって収集・分析されたデータは、2Dだけでなく3Dフォーマットでも貴重な洞察を提供することが出来ます。3Dデータの特徴としては、マルチスキャンスライスオーバーレイの生成、データスライスの回転とズームによる分析、透明度の調整、深度スライスの生成などがあります。これらの機能は、将来的にGPRソフトウェアの成長機会を高めるのに役立ちます。

牽引要因:ユーティリティの安全性と損傷防止におけるGPR機器の高い需要 

GPRは、金属と非金属の両方のユーティリティを検出する能力を持ち、地下ユーティリティロケーターと考えられています。地下のユーティリティには、上下水道の中継パイプ、ガス管、ウォーターボックス、電線管、ポリタン、さらには光ファイバーケーブルなどがあり、他の方法では検出が困難、あるいは不可能です。また、配管の漏れや空洞を検出することができ、損傷の正確な深さを提供します。掘削の際、水道、ガス、電線、通信線などの埋設物に損傷を与えると、工事の遅延、修理・保守費用の増加、サービスの停止などを引き起こす可能性があります。GPRを使用すれば、これらの損傷を最小限に抑え、予防することができます。また、地中埋設物の正確な位置や物理的特性を把握することで、部品交換にかかる費用を最小限に抑え、一般消費者への不便を回避し、資産所有者が継続的にサービスを提供できるよう支援します。

抑制要因:GPRの性能に悪影響を及ぼす要因

GPRは通常、ターゲットの水平位置を正確に特定するのに役立ちます。しかし、土壌の種類や含水率など、深度測定や分析の速度や精度に影響を与える要因がいくつかあります。レーダー信号の速度は、スキャンされる材料の組成とターゲットの深さによって影響を受けます。そのため、GPR信号の伝播速度を正確に特定することは不可能であり、精度は通常90%程度と言われています。また、地中では地層の組成が異なるため、地点によって信号の速度は異なります。そのため、土壌の種類や含水率がGPRの解析や解釈に影響を及ぼします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]