医用画像分析ソフトウェアの市場規模、2027年に45億米ドル到達予測

医用画像分析ソフトウェアの市場規模は、2022年の32億米ドルからCAGR7.8%で成長し、2027年には45億米ドルに達すると予測されています。同市場は、主にコンピュータ支援診断の用途拡大や、医用画像分析ソフトウェアの技術的進歩などによって牽引されています。一方で、予算面での制約が市場の成長をある程度抑制すると思われます。

COVID-19の医用画像分析ソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックは、多くの人々の生活やビジネスをかつてない規模で根底から覆しました。しかし、医用画像分析を含むヘルスケアIT業界では、この状況下で急速な技術的進歩を遂げました。Worldometerによると、2022年5月26日現在、世界で5億2985万544人のCOVID-19確定感染者と630万6519人の死亡が記録されています。多くの組織が円滑な運営を困難に感じる中、技術インフラの更新を選択した企業は順調に機能しています。

米国と西欧諸国の画像診断センターでは、パンデミック中に画像検査(CT、X線、MRI、超音波)の需要に落ち込みが見られたものの、その他の市場では影響がなく、有望な成長機会を示しています。COVID-19の流行により、医療用画像処理ソフトウェアの肺スキャン用途での需要が増加することが予想されます。その後、待機手術が再び行われるようになり、手術数も増加し始めています。パンデミック以降、医療用画像処理におけるAIの受け入れ態勢に変化が見られるようになり、数多くのベンダーがFDA認可または510(k)申請中のAI製品を持ち、予備的な診断を提供することができるようになりました。

COVID-19流行下では、タイムリーな医療を提供するプロセスを効率化するために、医療画像解析ソフトの推進を早めた国もありました。例えば、2020年1月31日に保健福祉省(HHS)長官が宣言した公衆衛生上の緊急事態の期間中、米国食品医薬品局(FDA)は4月、医療用X線、超音波、磁気共鳴画像装置(MRI)、および病状診断や監視に使用する画像解析ソフトウェアの能力拡大に役立てる指針を発表しました。

医療用画像解析ソフトウェアは、放射線科のワークフローを円滑かつ効率的に実行することで、COVID-19患者が多数発生した病院の負担を軽減することができます。パンデミックにより、リソースが大きく制約されるようになった結果、代替価格モデルやバリューベースの価格設定が開発されました。

牽引要因:医療用画像処理システムおよび解析ソフトウェアの技術的進歩

医療用画像処理は、診断と治療を向上させ、不必要な処置を避けることで、患者ケアを一変させました。過去10年間、医療用画像の分野では著しい技術的進歩がありました。当初はX線が主な画像診断手段でしたが、超音波や電磁場などのエネルギー源が、さまざまな医療適応症の診断や治療計画に使用されるようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]