IoT IAMの市場規模、2027年に140億米ドル到達予測

IoT IAMの市場規模は、2022年の56億米ドルからCAGR20.1%で成長し、2027年には140億米ドルに達すると予測されています。IoTデバイスとIAMの統合が、IoT IAM市場を牽引しています。

COVID-19のIoT IAM市場への影響

COVID-19の発生は、短期間のうちに世界各国にロックダウンをもたらし、その結果、多くの企業がデジタルプラットフォームへの依存度を拡大しました。IoTデバイスの普及に伴い、企業はセキュリティインフラの脆弱性やサイバー攻撃の増加により、重要な企業データを失うリスクにさらされています。IoT IDアクセス管理はセキュリティを強化することで、企業のデータ管理を可能にします。

牽引要因:IoTデバイスとIAMの統合

IoTは、非常に短期間のうちに、個人や家庭での利用を併せすべての産業分野にわたって導入されるようになりました。2016 Symantec Internet Threat Reportによると、100人あたり25台の接続デバイスがあり、今後数年で数十億台のデバイスが接続されると言われています。IoTは、スマートホーム、インテリジェント産業システム、スマートグリッド、医療機器、スマートテレビ、ドライバーレスカーなど、様々な想像上のタスクを現実のものに変え、劇的に受け入れられてきました。しかし、IoTの多様な広がりとともに、サイバー攻撃の脅威も増大しています。ランサムウェア、マルウェア、ボット、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃などの高度な脅威が、金銭的、個人的、企業的なデータの莫大な損失を引き起こしています。あらゆる業界におけるIoTの拡大成長により、アイデンティティの管理、重要なビジネスプロセスや情報へのアクセスの管理という重要な課題に直面しています。IoT IAMベンダーは、これらの課題に対し、デジタルエコシステムから最大の利益を得られるように、ソリューションポートフォリオを強化しています。

抑制要因:IoT IAMソリューションのコストと予算に関する懸念

セキュリティ侵害の継続的な増加により、コンピューティングデバイスと企業データの保護が不可欠になっています。そのため、IoTセキュリティの登場とともに、すべてのデバイスのID管理が最大の関心事となっています。組織は、IoTセキュリティへの投資を増やし、アクセス制御、SSO、アプリケーションプログラムインターフェース(API)管理、ディレクトリサービス、ID管理などのソリューションを導入してきました。しかし、中小企業を含む多くの企業にとって、これらの投資コストは悩みの種となっています。強固で高度なセキュリティを実現するためには、技術革新のコストが依然として高く、この予算の制約がIoT IAM市場の成長の障壁となっています。EYの「グローバル情報セキュリティ調査2015」によると、情報セキュリティ専門家の約62%が予算の制約が最大の懸念事項であると回答しています。企業は、サイバー防衛予算が少ないため、中南米や中東・アフリカなど、経済発展している地域への投資を考え直さなければならず、セキュリティソリューションの正しい導入が行われにくいのが現状です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]