RFIDの市場規模、2030年に356億米ドル到達予測

RFIDの市場規模は、2022年の145億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2030年には356億米ドルに達すると予測されています。RFID技術は、電波を利用して人や物を識別・検出する技術です。RFIDタグは、RFIDリーダーとの間でデータの送受信を行う小型の電子機器で、製品、動物、人などに埋め込んで、識別やデータ収集を行うことができます。食品医薬品局(FDA)によると、無線自動識別(RFID)は、タグとリーダーという2つの要素からなる無線システムを指します。リーダは、電波を発する1つ以上のアンテナを持ち、RFIDタグからの信号を受信します。タグは、電波を利用して近くのリーダーにIDなどの情報を伝えます。その方法にはパッシブ型とアクティブ型があり、パッシブ型RFIDタグは、リーダーから電力を供給され、電池を持ちません。一方、アクティブ型RFIDタグは、電池で駆動します。RFID技術は、情報技術の採用が進んだことで、産業用および消費者用アプリケーションのための現代的なソリューションとなっています。RFIDソリューションには、ラベルやタグと、タグと通信するためのリーダが含まれます。ハンドヘルドリーダやソリ型リーダが利用可能になったことで、低コストでより便利に資産を追跡できるようになり、RFIDソリューションの機能が強化されました。RFIDタグの技術は、近距離からの読み取りから100m以上離れた場所での読み取りも可能にする、アクティブ周波数タグへと進化してきました。アクティブ周波数タグは、単体の資産を追跡するだけでなく、移動する資産や人員をリアルタイムで追跡するために使用されています。現在、これらのタグは、運輸、物流・サプライチェーン、小売、防衛などの業界で、リアルタイムに資産を追跡するために広く使用されています。技術の進歩と革新により、パッシブ超高周波はさらに新しいバンド(860~960MHz)に細分化され、RAIN RFIDと呼ばれるようになりました。RAIN RFIDの採用は、エコシステムの多くのサプライヤーに届くため、何倍にも増えており、現在、世界的に最も採用されているRFIDの周波数です。

生産性向上のための製造装置におけるRFIDのニーズの高まり、費用対効果の高いRFIDソリューションの提供と高い投資収益率、在庫管理の改善ニーズの高まり、安全性とセキュリティに関する政府の取り組みと規制の強化などが、RFID市場の主な推進要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]