産業用通信の市場規模、2027年に268億米ドル到達予測

産業用通信の市場規模は、2022年の188億米ドルからCAGR7.4%で成長し、2027年には268億米ドルに達すると予測されています。M2M技術は、産業用通信機器市場に新たな道を開きました。企業はM2M技術により作業環境における生産性と安全性を向上させ、より高い効率を達成することができます。このようなM2M通信のメリットは、産業用通信市場をさらに牽引するものと期待されています。また、Bluetooth Smart、WirelessHART、WLAN、Zigbeeなどの無線技術の需要が急速に高まっていることも、石油・ガス、エレクトロニクス、エネルギー・発電などの産業界に新たな成長機会をもたらすことが期待されています。産業用通信市場は、提供製品、通信プロトコル、業種、地域別に分類されています。

COVID-19の産業用通信市場への影響

COVID-19によりサプライチェーンが乱れ、世界の多くの労働力が在宅勤務になっていることで、産業用通信市場が悪影響を受けています。一方で、産業用通信製品およびソリューションベンダーは、クラウドを統合することで従業員、顧客、チャネルパートナーの事業運営を安定させるため尽力しており、COVID-19が市場の成長に新たな道を開く機会になりました。

牽引要因:拡張性、高速性、信頼性、相互運用性の高い通信プロトコルに対するニーズ

産業用イーサネットの市場規模は、2020年の92億米ドルからCAGR7.3%で成長し、2026年には137億米ドルに達すると予測されています。産業用イーサネットは、産業プラント内およびプラントと企業ネットワーク間の完全な透過性を実現するために重要な役割を担っており、信頼性の高い通信ネットワークは、インダストリー4.0のコンセプトの中核をなしています。産業用オートメーションと産業用通信ネットワークは、ともに、リアルタイムの運用ニーズに密接に依存しています。ネットワークは、異なる規格で動作する機器に対応できるスケーラビリティを備えていなければならず、工場のシステムは、速い応答、高い効率と信頼性を提供することができなければなりません。そのためには、最適な通信技術の選択、マルチプロトコル環境での運用、幅広い産業機器への対応が必要となり、相互運用性の高いプロトコルの需要を満たす、新しい通信製品の開発が進められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]