幹細胞アッセイの市場規模、2027年に45億米ドル到達予測

幹細胞アッセイの市場規模は、2022年の19億米ドルからCAGR17.7%で成長し、2027年には45億米ドルに達すると予測されています。幹細胞アッセイ市場の成長は、幹細胞の治療能力に関する認知度の向上、幹細胞研究への資金提供の増加、創薬における細胞由来アッセイの需要の高まり、市場プレーヤー同士の提携や合意といった要因に起因しています。

COVID-19の幹細胞アッセイ市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の医療システムの負担を増大させています。パンデミックの影響で、がんや幹細胞の研究資金に影響が出ています。一部のがん研究機関は、この影響を受けてがん研究への資金を削減しましたが、一方で、この分野への投資を継続している機関もあります。市場で活動する著名なプレーヤーは、パンデミックに対抗するための革新的な製品を開発することで、市場機会を利用し、長期および短期の成長戦略を練り直しています。このことは、市場の成長にプラスの影響をもたらします。

牽引要因:幹細胞研究への資金提供の増加

近年、幹細胞治療に取り組む企業は、ベンチャーキャピタルからの投資を受けるようになりました。これにより、癌などの疾患に対する新しい治療法の開発が促進されています。例えば、2022年3月、ベックマン研究所のシティ・オブ・ホープのイレル&マネラ生物科学大学院は、カリフォルニア再生医療研究所から490万米ドルの助成金を受け取りました。この資金は、幹細胞研究とその新規救命治療法への転換に関する科学者コミュニティの育成に役立てられます。

抑制要因:胚性幹細胞研究の問題点

胚性幹細胞研究により、研究者は正常な状態での人体の発生や、これらの細胞がどのように派生し機能するのかを理解することができ、再生医療における治療法の開発に不可欠です。しかし、幹細胞の使用には多くの倫理的問題があります。ヒト胚性幹細胞は、着床前段階のヒト胚を破壊して作製されます。多くの宗教が研究目的のためにヒト胚を破壊することを禁じているため、胚性幹細胞研究は、倫理面で課題が残ります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]