欧州スマートホームの市場規模、2027年に412億米ドル到達予測

欧州スマートホームの市場規模は、2022年の267億米ドルからCAGR9.0%で成長し、2027年には412億米ドルに達すると予測されています。欧州地域におけるインターネットアクセスの拡大、省エネ・低炭素化志向のニーズの高まり、製品のポートフォリオを拡大するメーカーの増加、スマートフォンの普及、ホームモニタリングの重要性の高まり、スマートホーム製品による安全・安心・便利さの向上が、市場成長の原動力となっています。

COVID-19の欧州のスマートホーム市場への影響

COVID-19の流行下で、欧州のスマートホーム製品の売上高は、世界各地のウイルスの進行状況の影響を受け、2020年には5~10%減少すると予想されています。新規建設プロジェクトの減少や製造施設の一時的な停止は、市場の成長を妨げる要因の一つです。

牽引要因:スマートホーム製品が提供する安全性、セキュリティ、利便性の向上

スマートホーム製品およびサービスによって提供される利便性は、住む人をより快適にしてします。スマートホームの最も基本的かつ顕著な機能は、環境制御です。これは、サーモスタット、換気扇、照明器具、キッチン用品、家電製品など、家庭内のさまざまな機器を遠隔操作したり、自動的にスケジュールしたりする機能です。環境制御により、家庭内の環境を簡単に管理できるようになり、家事の負担を大幅に軽減し、快適な生活を送ることができるようになります。スマートホームセーフティサービスは、家のセキュリティを管理し、事故を未然に防ぐことができるサービスで、家の中の動きを監視して、空き巣を発見したり、ドアや窓が開いていることを知らせたりします。

都市化やグローバル化の進展、犯罪率の上昇に伴い、スマートセキュリティシステムのニーズは拡大しています。空き巣の多発は、セキュリティ機器導入の大きな動機となっています。セキュリティカメラ、ドアロック、モーションセンサー、煙センサーなどは、空き巣対策などのためにデジタル接続・操作されるスマートホームセキュリティデバイスの一例です。スマートホームは、従来のセキュリティシステムと異なり、スマートフォンのアプリケーションで遠隔操作が可能なため、留守中のオーナーも安心して使う事が出来ます。また、危険の可能性を認識した場合には迅速に警告を発し、被害を防ぐための措置を講じることができます。

スマートホームは、セキュリティの観点からも導入が進んでいます。業界の動向やトレンドを提供する家電製品振興協会の最近の調査によると、英国人の13%がすでにスマートカメラで自宅や家、庭の写真をスマートフォンやタブレットにストリーミングできるアプリを利用しているとのことです。モーションセンサーや煙探知機、窓やドアが開いたことを感知するスマートセンサーも人気で、ドイツでは12%、イギリスでは11%の家庭で使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]