ネットワーク監視の市場規模、2027年に30億米ドル到達予測

ネットワーク監視の市場規模は、2022年の22億米ドルからCAGR6.9%で成長し、2027年には30億米ドルに達すると予測されています。クラウドサービスや、ダウンタイムの問題を解決するためのネットワーク監視システムの需要増、複雑化するネットワークへの対応や継続的な監視の必要性が、同市場の成長を促進すると予測されます。

COVID-19のネットワーク監視市場への影響

COVID-19の発生は、地域産業のグローバルな業務から、顧客、サプライヤー、メーカー、および、ネットワーク監視市場全体にも影響を及ぼしました。これは、人員や生産の制限、購入の遅延、サプライチェーンの混乱に加え、国境を越えた貿易の制限により、中国を中心とした原材料や部品の委託業務に遅れが生じたことに起因しています。

サプライチェーンが混乱する中、事業者は、機器配送の中断や工場の閉鎖に対し何らかの回避策を講じました。一方、渡航制限受けたITエンジニアは、監視すべき施設にアクセスすることすら困難になりました。また、ネットワーク監視インフラにハードウェア障害が発生した場合にも、それを修正するための企業へのアクセスも制限されました。

COVID-19の危機から脱出するために、ネットワーク監視企業は、次世代製品およびソリューションへの注力、ネットワーク監視ソリューションの研究開発予算の削減、市場動向の常時監視、投資/売却による体系的アプローチ、慎重なマーケティング戦略の開始、長期契約の強化など、有効な危機管理戦略を策定しました。

ネットワーク監視市場のCOVID-19の影響は、中程度と思われます。長期的には、ネットワーク接続への依存度が高まる中で、より堅牢なサービスを提供する多くのネットワークが、その監視を強化することになると思われます。COVID-19によるビジネスソリューションセキュリティへの需要は、ネットワークパフォーマンス監視の需要を後押しし、2021年にはネットワークモニタリング市場各社は、早急に回復を遂げています。

牽引要因:ダウンタイムの問題を迅速に解決するネットワーク監視システムの需要増

ネットワーク機器に障害が発生すると、ダウンタイムや生産性の低下、さらにはセキュリティリスクなどが浮上します。ハードウェアの問題やエラーはインフラ全体を停止させ、業務に支障をきたします。ネットワーク監視を行うことで、これらのトラブルポイントを迅速に特定し対処することができます。ネットワーク監視は、企業のダウンタイムを最小化し、コスト削減に貢献します。また、多くのネットワーク監視ソリューションでは、新しいデバイスの自動追加、ネットワークトポロジーのマッピング、悪意のある活動や侵入の可能性の発見などの付加価値も提供し、ネットワーク全体の生産性を向上させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]