止水テープの市場規模、2027年に4億9,500万米ドル到達予測

止水テープの市場規模は、2022年の3億7,800万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2027年には4億9,500万米ドルに達すると予測されています。2022年から2027年の間に、建設業界からの強い需要が市場の成長を牽引すると予測されます。一方、工場の操業停止、サプライチェーンの中断、最終用途産業からの需要減は、同市場にマイナスの影響を与えています。

COVID-19が止水テープ市場に与えた影響

COVID-19の発生により、多くのケーブル産業からの止水テープの需要が減少し、その操業やサプライチェーンにマイナスの影響を及ぼしました。

2020年には、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために、多くの国がロックダウンを行いました。欧州と北米は、COVID-19により最も深刻な影響を受けた地域でした。企業は、パンデミックによってもたらされた影響に対処するため、サプライチェーンの効率化に取り組んでいます。将来的に止水テープの需要を取り込み、この状況に対応するため、流通網を改善しなければなりません。市場や最終用途産業の回復に伴い、世界各地で建設プロジェクトやケーブル産業への支出が増加しています。

牽引要因:大陸横断電力およびデータケーブルの利用拡大

Submarine Telecoms Forumのレポートによると、2021年に行われた新しい海底ケーブル敷設のための年間投資額は約12億米ドルで、2013年から2022年までの投資総額は142億3,000万米ドルに上ると言われています。海底ケーブルは、電力伝送と通信伝送の2つのニーズで利用されています。通信ケーブルは、一般的な無線通信ソリューションと比較して、情報共有の待ち時間を短縮するために使用されおり、高速で安全な接続を提供するために、大陸を横断してデータセンターを設置する情報プロバイダーが増えています。これらの企業は、大陸ごとに設置された複数のデータセンターを相互接続する目的で、海底ケーブルや陸上通信ケーブルに大きく依存しています。新しいケーブル技術を導入して帯域幅を改善し、情報転送に必要な待ち時間を短縮することで、同市場は拡大すると考えられます。

電力ケーブルは、洋上風力発電所や原油輸送用の海底パイプライン、その他のエネルギーソリューションの設置に伴い、海底用途でさらに拡大しています。欧州では、2050年までに気候変動に左右されない社会を実現するため、洋上風力発電の設置が増加しています。欧州委員会は、欧州の洋上風力発電容量を2030年までに12GWから60GWに、さらに2050年末までに300GWに増加させ、8000億ユーロの投資戦略を提案しています。このことは、海底電力ケーブルの用途にプラスの影響を与え、さらに、導体を海水の浸入から保護する止水テープにもプラスの影響を与えることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]