タブリードとタブシールフィルムの市場規模、2027年に6億米ドル到達予測

タブリードとタブシールフィルムの市場規模は、2022年の3億1,800万米ドルからCAGR13.6%で成長し、2027年には6億米ドルに達すると予測されています。タブリードとタブシールフィルムは、多くの用途で採用されており、長年にわたって市場は成長しております。

COVID-19のタブリードとタブシールフィルム市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、2020年を中心としたタブリードとタブシールフィルム市場のバリューチェーンに、悪影響を及ぼしました。パンデミックの発生とウイルスの蔓延防止対策のために、世界の主要経済圏の多くで、生産工場と関連活動が一時的に停止しました。その結果、様々な産業の成長が鈍化し、サプライチェーンが混乱し、タブリードやタブシールフィルムの成長にも影響を及ぼしました。交通機関の制限、旅行制限、製造活動の停止が同市場の成長を妨げています。

牽引要因:電気自動車におけるパウチ電池の需要拡大

自動車産業は、持続可能なクリーン燃料へとシフトしています。輸送システムは、燃料として石油に大きく依存しており、そのうち約70%が自動車に使用されています。省エネルギー、汚染物質の削減、消費者による電気自動車の採用などの要因が、電気自動車市場の成長を促進すると予想されています。電気自動車は現在、自動車産業と交通システムの未来像として認識されています。電気自動車では、軽量でスペースを有効に活用できるパウチ型電池の採用が進んでいます。このように、パウチ電池の普及がタブリードとタブシールフィルムの需要を拡大させると思われます。

抑制要因:グレーマーケットによる既存企業のシェア低下

タブ線とリチウムパウチ電池の大手メーカーは、安価で低品質の製品を供給するグレーマーケットとの厳しい競争にさらされています。グレーマーケットとは、自社で製造した製品を自社ブランドで販売する未組織のローカルプレーヤーのことです。ローカルプレーヤーとグレーマーケットの両方の存在が、グローバルプレーヤーの市場シェアの拡大を制限しており、タブリードとタブシールフィルム市場への投資が制限されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]