ネットワークデバイスの市場規模、2027年に364億米ドル到達予測

ネットワークデバイスの市場規模は、2022年の264億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2027年には364億米ドルに達すると予測されています。WiFiネットワークの導入により、企業はビジネスアプリケーションを迅速に構築し、接続することができるようになりました。WiFiネットワークは、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの接続において、より高い柔軟性、拡張性、信頼性、費用対効果のメリットを提供します。中核となる産業部門は、ビジネスプロセスの自動化とデジタル化に熱心に取り組み、事業運営の合理化と新たなビジネス収益の機会を追求しています。インターネットユーザー数は今後も大幅に増加することが予想されるため、ルーター、ゲートウェイ、アクセスポイントなどのネットワークデバイスの需要も同時に高まることが予想されます。ネットワークデバイス市場は、デバイスの種類、タイプ、接続性、用途、地域別に分類されています。

COVID-19のネットワークデバイス市場への影響

COVID-19の出現は、世界的な問題となり、ネットワークデバイス市場にも影響を与えており、多くのエンドユーズがこの危機の影響を受けています。ロックダウンに関する政府規制、製造施設の一時的な停止、サプライチェーンの混乱、生産能力の制限、労働力不足、主要な最終用途産業における需要の減少などにより、2020年に市場は減少しました。その後、2020年末には、ネットワークデバイス市場は回復の兆しを見せ始め、2021年にかけて研究開発や拡張活動が再開されました。

牽引要因:世界的なインターネットユーザー数の増加

スマートフォンの普及やコネクティビティの向上により、世界的にインターネット利用者が急増しています。シームレスな機能を実現するために、高度なインターネット接続を必要とするコネクテッドデバイスの需要が増加しており、ネットワークデバイスの需要が高まると予想されます。この状況は、ブロードバンド事業者や通信事業者にビジネスチャンスをもたらす一方で、競争の激しい市場において、ネットワークの遅延や帯域幅、アップタイムに関する課題にも直面しています。通信事業者は、必要な接続帯域幅、セキュリティ、ネットワークの信頼性を提供できる強化されたネットワークデバイスによって、新たなビジネスチャンスを獲得するために多額の投資を行っています。通信事業者による無線ネットワークインフラへの投資の増加は、セルラーベースのネットワークデバイスの成長を促進するものと思われます。

インターネットユーザー数は今後も大幅に増加することが予想されるため、ルーター、ゲートウェイ、アクセスポイントなどのネットワークデバイスに対する需要も同時に高まると思われます。APAC(アジア太平洋)、南米、アフリカなどの地域では、ネットワークへのアクセス性が向上し、より高い成長が期待されています。

米国電気通信事業者協会によると、2021年の世界のインターネットプロトコルトラフィックは、1カ月あたり約7万9,640ペタバイトでした。GSM協会は、2020年の世界のモバイルデータトラフィックは過去最高を記録し、ユーザー1人当たりのデータ量は月6GB超で、2018年のデータ使用量の2倍に達したとしています。こうした動きは、ネットワークデバイス市場の成長を後押しすると期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]