骨・関節用健康サプリメントの市場規模、2027年に176億米ドル到達予測

骨・関節用健康サプリメントの市場規模は、2022年の117億米ドルからCAGR8.5%で成長し、2027年には176億米ドルに達すると予測されています。ビタミンDやカルシウムなどの栄養補助食品に対する需要の高まりにより、市場の拡大が期待されています。栄養補助食品分野における技術革新が、骨と関節用健康サプリメントの需要を後押しし、製品の多機能性につながっています。また、技術進歩も、多くの産業における用途を広げるのに役立っています。

牽引要因:高齢化社会

高齢者層は、健康と生活の質を維持するために、それぞれのニーズに合わせた栄養補助食品の採用に注目しています。また、加齢の過程で、心理的、生理的、社会的な変化が生じ、食事や食品の選択に影響を及ぼします。高齢化社会では、習慣的な食品選択とそれに合わせた食事消費パターンへの依存が高まっています。一部の国では長年にわたり高齢化が進んでいるため、栄養価を高めた年配者に優しい代替食品の開発が進んでおり、骨・関節用健康サプリメントの需要増につながり、市場の成長をさらに後押ししています。消費者は、骨の健康への懸念とともに、健康や疾病予防への意識が高まっています。そのため、高齢化する消費者の栄養ニーズに合致した栄養ソリューションの需要が高まっています。

抑制要因: R&D投資と臨床試験のコスト高

骨・関節用健康サプリメントなどの栄養補助食品は、大規模な研究開発投資、臨床試験、各国・地域の当局による承認が必要となります。また、このような製品の開発は、製剤化、試験・テスト、市場投入の工程を経るため、短期間で終わるものではありません。一方、高い研究開発投資は、生産性という点で同等のリターンを得られるとは限らず、骨・関節用健康サプリメントの有効性を臨床試験で証明するための費用も比較的高額です。これは、市場における新規サプリメント開発の大きな妨げとなります。

市場機会:微量栄養素の欠乏に対する消費者の認識

消費者は、栄養不足のリスクについて認識を高めています。また、栄養不足をサプリメントで改善する方法についての知識が、骨・関節用健康サプリメントの摂取量の増加を促し、市場の成長をさらに加速させています。食事と健康の関連性は大きく、人々はより健康的なサプリメントを選択するようになっています。アジア、ラテンアメリカ、アフリカの一部では中間層の所得が増加しているため、消費者は栄養補助食品、ダイエット食品、食品サプリメントに多くの支出をすることが可能になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]