創薬におけるAI市場、2027年に40億米ドル到達予測

創薬におけるAI市場は、2022年の6億米ドルからCAGR45.7%で成長し、2027年には40億米ドルに達すると予測されています。創薬コストの抑制や創薬プロセスにかかる時間短縮のニーズ、クラウドベースのアプリケーションやサービスの採用の増加、ブロックバスター薬の特許期限などが、市場の成長を促進する要因となっています。

しかし、AI専門家の人材不足、医療用ソフトウェアに関する曖昧な規制ガイドライン、データセットの不足などが、今後数年間の市場の成長を抑制すると予想されます。

牽引要因:創薬開発プロセスにおけるAIのメリット

創薬は非常にコストと時間のかかるプロセスであり、新薬を発見するための代替ツールが必要とされます。創薬と医薬品開発は、一般的にin vivoとin vitroの手法で行われており、コストと時間が非常にかかります。さらに、新薬が市場に出るまでに平均で10年かかり、そのコストは26億米ドルに達します(出典:Biopharmaceutical Research and Development.org)。市場に参入している複数の企業が、創薬に役立つプラットフォームを開発しています。例えば、Insilico Medicine(米国)はAIベースの創薬システム「GENTRL」を開発し、これを用いて21日以内に6つの実験的な新規分子を開発することができたと言われています。

抑制要因:AI専門家の人材不足

AIは複雑なシステムであり、企業はAIシステムを設計、管理、実装するために特定のスキルセットを持つ人材を必要としています。AIシステムを扱う人材は、機械知能、深層学習、認知コンピューティング、画像認識などのAI技術に精通し、認識している必要があります。また、AI技術を既存のシステムに組み込むことは、人間の脳の動きを再現するため、膨大なデータ処理を必要とする困難な作業です。わずかな誤差でもシステム障害を引き起こし、望ましい結果に悪影響を及ぼす可能性があります。AI/ML技術に関する専門的な規格や認定が存在しないことが、AIの成長を抑制しています。

創薬におけるAIの新興国市場

インド、中国、中東諸国などの新興国は、創薬におけるAI市場で事業を展開するプレイヤーに成長機会を提供しています。これらの多くの国では、慢性疾患や感染症の発生率の上昇、所得水準の向上、医療インフラの改善により、医薬品に対する需要が大幅に増加すると思われます。これらの市場は、成熟市場の停滞、医薬品の特許切れ、規制のハードルの影響を受けている企業にとって、非常に魅力的な市場となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]