腐食防止コーティングの市場規模、2027年に123億米ドル到達予測

腐食防止コーティングの市場規模は、2022年の101億米ドルからCAGR4.1%で成長し、2027年には123億米ドルに達すると予測されています。腐食防止コーティング市場は、海洋、石油・ガス、石油化学、インフラ、発電、水処理などの最終用途産業によって成長しています。これらの産業の急成長が腐食防止コーティング市場の成長に寄与すると考えられます。

牽引要因:腐食による損失と損傷の増加

腐食は、多くの産業における深刻な問題の1つであると考えられており、ジャケット、断熱材、またはその下の配管や機器を侵食する可能性があります。腐食による金銭的損失は非常に大きく、一般財産の問題だけでなく、人々の生命にも直接的な脅威となります。

世界腐食機構によると、腐食による世界経済への損失は毎年約2兆2千億米ドルで、配管メンテナンスコストの40%から60%が断熱材下の腐食によるものと推定されています。

統計・プログラム実施省(MOSPI)によると、2019年の固定資本(CFC)の消費損失は、インドのGDPの10%以上となっています。

錆、腐食、磨耗、事故損害などによる莫大な金銭的損失が、固定資本(CFC)の消費に影響を与え、経済的な減価償却につながる例が、製造業やその他の産業で多く見られます。

この損失の3分の1以上は、断熱材や吹き付け断熱材などの腐食防止対策で防ぐことができます。近年、世界各国の政府は、プラントの安全性と操業に厳しい規制を課しており、石油・ガス、石油化学、化学、エネルギーなどの業界では、腐食による損失を最小限に抑えることを重視し、プラントと労働者の安全を最大限に確保するための取り組みが行われています。腐食防止コーティングは、腐食から最大限の安全性を確保するために、産業全体で利用されており、腐食防止コーティング市場の成長を促進するのに役立ちます。

抑制要因:厳しい環境規制

塗料から排出される揮発性有機化合物(VOC)の抑制を目的とした規制が導入されています。REACHとLEED GreenSeal GC-03 2nd Ed., 1997は、防食用塗料のVOC含有量を1リットル当たりグラム(g/l)単位で規定しています。このような規制により,塗料メーカーは VOC 含有量を減らすことで規格に準拠すると同時に,塗料の品質と性能の向上や維持に努めるよう圧力を受けています。また、この規制は防錆塗料の製造技術にも変化をもたらし、その価格にも影響を与えています。従来、防錆塗料は溶剤系で、固形分も中程度から高程度でしたが、規制後、メーカーは溶剤系で固形分の少ない塗料や水性塗料の製造を検討せざるを得なくなりました。技術の変更は生産工程の変更につながり、防錆塗料の性能にも影響するため、高い投資額となり、市場の成長にとっては抑制要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]