外来用電子健康記録(EHR)の市場規模、2027年に77億米ドル到達予測

外来用電子健康記録(EHR)の市場規模は、2022年の570万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2027年には77億米ドルに達すると予測されています。外来用EHRの成長を促している主な要因は、EHRなどのHCITソリューションを支援する政府の取り組みと、外来・緊急医療センターの増加、患者データの増加などが挙げられます。一方、発展途上国における同ソリューションの導入への消極性が、今後の外来EHR市場をある程度制限しています。

COVID-19外来用電子健康記録市場への影響

COVID-19の発生により、あらゆる規模の医療行為が圧力下にあり、医療従事者は患者の監視と治療のためにEHRソリューションに依存する必要がありました。このソリューションは、正しいコードによる請求の最適化と簡略化、および手作業によるエラーの削減により、請求の効率化を支援しています。また、推奨の中間ICD-10、LOINC、COVID-19 SNOMED-CT、およびCPTコードを組み込むことで、COVID-19の状況下で容易な請求と収益管理を支援しています。

COVID-19の発生により、世界中の医療施設は圧倒されています。しかし、医療従事者の中には、患者の受け入れ時に必要な多くの詳細情報のために、EHRシステムが時間のかかるものと考えている人もいます。そのため、時間を節約するために、詳細な情報を入力しないなど、エラーを起こしやすい入力になることがあります。COVID-19の出現で、よりわかりやすく、既存のケア提供プロセスとシームレスに統合できる新しいワークフロープロセスが必要とされています。

牽引要因:外来患者ケアセンターの増加

外来患者ケアセンターは、外来ベースで行われる幅広い医療サービスや処置を提供します。これらのセンターには、主に医師の診療所、救急医療部門、外来医療センターの外来部門が含まれます。CMSによると、米国の外来手術センターの総数は、2012年の5,216施設から2017年には5,603施設に増加しました。医療システムに対する医療費削減の圧力が高まる中、業界は外来診療にシフトしています。

Ambulatory Surgery Center Association(米国)によると、外来手術センターで行われる手術は、入院の外来環境よりも30~60%安い費用で実施されています。外来患者の数が増え、患者数が増加していることから、外来患者向けEHRソリューションの需要と利用は今後増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]