IoTソリューションおよびサービス市場、2027年に5,750億米ドル到達予測

IoTソリューションおよびサービス市場は、2022年の2,431億米ドルからCAGR18.8%で成長し、2027年には5,750億米ドルに達すると予測されています。IoTソリューションおよびサービス市場は、新技術の進化やデジタル施策の導入・拡大により、急速な成長が見込まれています。

COVID-19のIoTソリューションおよびサービス市場への影響

COVID-19の発生は、世界、企業、経済を混乱させ、それによって人々の生活、交流、企業経営の方法に影響を与えました。企業は、COVID-19の大流行の影響を緩和するための抜本的な対策を実施することに集中し、持続する能力の追求が、企業にとっての新たな常識となっています。IoTソリューションやサービスを提供する大手企業間では、企業や政府による次期プロジェクトが延期されています。在宅勤務や社会的距離の確保などの新しい慣習により、遠隔監視、スマート決済技術、デジタルインフラ構築のニーズが高まっています。IoTソリューションおよびサービス市場は、世界的なロックダウンのため2020年に減速を目撃しました。その後、多くのプロジェクトが再開され、企業の自動化のニーズがIoTプロジェクトに道を開き、同市場は繁栄することが予想されます。

牽引要因:IoT市場の成長を促す高速接続

長年にわたり、無線技術は、現代生活で主要な役割を果たす、容易に適用できる科学へと進歩してきました。これらの技術には、Wi-Fi、Bluetooth、ZigBee、Z-Wave、Insteon、DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)などがあります。AllSeen、DLNA、UPnPなどのピアツーピアソリューションも開発が加速しており、デバイス間の直接通信を可能にしています。無線技術の増加により、互換性のあるデスクトップパソコン、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末が互いに接続されるようになりました。このような接続性の向上は、IoTデバイスの購入に関心を持つ個人の裾野を広げることにつながります。高速ネットワーク接続は、さまざまな業種の企業にとって、新しい選択肢を生み出しました。高速ワイヤレスネットワーク技術の進歩により、この技術で実現されるデバイスの数は急速に増加しています。

LTE(Long Term Evolution)は、携帯電話やデータ端末向けの最新の高速無線通信規格で、4Gおよび5Gサービスをサポートしています。デバイスからタワーへのアップリンクとタワーからデバイスへのダウンリンクに別々の無線リンクを使用することで簡単に導入でき、ネットワーク接続を最適化することができます。LTEは、低消費電力のIoTデバイスとバックエンドシステムを接続するために、利用可能な限りある周波数をより効率的に使用できるようにします。さらに、IPv6の導入と進化は、組織のコネクテッドテクノロジーに対する需要を促し、IoT接続デバイスにプラスの影響を与え、自動パターン機能を使用してネットワークを管理し、高度なセキュリティとプライバシー対策の提供が可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]