創傷治療の市場規模、2027年に272億米ドル到達予測

創傷治療の市場規模は、2022年の208億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には272億米ドルに達すると予測されています。市場成長の原動力には、創傷管理における再生医療の利用拡大、創傷ケア製品の技術的進歩、新興国の成長性が挙げられます。

COVID-19の創傷治療市場への影響

COVID-19パンデミックの出現は、世界中の医療提供体制を変化させました。患者の入院率の上昇によるプレッシャーは、多くの病院や診療科における治療の再整備につながりました。その結果、利用可能な限られた能力や資源(病院のベッドや患者ケアの専門家など)をCOVID-19患者のケアに向けるため、多くの選択的手術がキャンセルまたは延期されました。

Advances in Wound Careに掲載された研究によると、2020年6月までに、COVID-19への対応中に、PPEキットを装着した医療サービス提供者の80%が、デバイス関連の圧迫傷、水分による皮膚損傷、部分から全厚までの皮膚裂傷など複数の種類の皮膚損傷を受けたと報告されています。これらの損傷は、主に鼻梁、頬、耳、額、脇の下、鼠径部、四肢などの部位に生じ、極端な場合、皮膚の一部または全部が失われ、慢性的な傷につながる怖れもあります。傷の治療には、フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、各種オイル/クリーム、ドレッシングと組み合わせた各種オイルなどの創傷治療製品を使用しています。このような事例は世界中で発生しており、COVID-19流行期およびその後も、創傷ケア製品市場の成長を促進する事が予想されます。

牽引要因:病気や健康状態の蔓延

過去数十年間、急性および慢性創傷の症例は、外科手術数の増加、外傷性創傷の増加、老年人口の増加、糖尿病や肥満の健康状態の増加などにより、その複雑さを増しており、感染、潰瘍、その他の慢性創傷を中心に大幅に増加しています。

新興国の成長

多くの新興国では、規制障壁の低さ、医療インフラの改善、人口増加や医療費の増加などにより、創傷治療市場を含め医療産業がビジネスを拡大しています。成長段階にある新興国としては、インド、韓国、マレーシア、ベトナム、アフリカ、イスラエル、サウジアラビア、UAEといった国々が挙げられます。

抑制要因:創傷治療製品の高コスト

医療・ヘルスケアにかかる費用は広範囲にわたって上昇しています。慢性創傷管理製品や高度創傷治療製品のコスト上昇は、特にアジアやその他新興国での採用に悪影響を及ぼしており、より安価な製品が採用される傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]