電子情報開示の市場規模、2027年に171億米ドル到達予測

電子情報開示の市場規模は、2022年の112億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2027年には171億米ドルに達すると予測されています。電子情報開示プロセスはITに大きく依存しており、処理、レビュー、分析のために準拠した方法で相手方に転送するために、大量の構造化および非構造化情報を識別、保存、および収集する必要があります。高度なデータレビューと分析技術を使用してESIコーパスから法的な洞察を自動的に抽出する場合、電子情報開示には大量のコンピューティングリソースが必要になります。

COVID-19の電子情報開示市場への影響

COVID-19の流行中は、電子情報開示ソリューションによって提供される無料プランの加入者が増加しました。無料プランの期限が切れた後、有料プランに変更することが予想されるため、電子情報開示ソリューションの採用促進が予測されます。業界の専門家は、電子情報開示ソリューションとサービスの採用がCOVID-19後の世界でも徐々に増加するだろうと予測しています。クラウドベースの事業継続ツールやサービスに対する需要の高まりも、WFH/リモートワークモデルの採用を促進すると予想されます。これにより、生産性スイート、コラボレーションツール、MDM、クラウドベースのコンタクトセンター、BIおよび分析など、さまざまな事業継続ツールやサービスに対する需要が増加すると思われます。デジタル化は、ロックダウンと社会的距離を置く規範を強化することで、ギャップを縮めようとしてきました。IBMの調査によると、COVID-19パンデミックは59%の組織でデジタル変革を加速させ、66%の組織はデジタル変革によって以前の課題を克服することができたといいます。パンデミックでの活動を成功させるために、AIや機械学習(ML)などのテクノロジーによる、ビジネスのイノベーション戦略が推進されており、AIは、2030年までに、世界経済に対し15兆7,000億米ドル貢献する可能性があります。

牽引要因:電子文書のメタデータ保存

保存用メタデータは、デジタル情報の長期保存・促進を実現します。保存用メタデータは、デジタルオブジェクトの出所、真正性、環境に関するコンテキスト情報を提供し、使用方法の詳細、権利を提供することで、継続的なアクセスと、デジタルオブジェクトの能力を維持することが出来ます。世界の情報量の多くがアナログからデジタルに移行する中、保存用メタデータは、デジタルキュレーション、電子情報開示、デジタルコレクション管理、デジタル情報の長期保存など、多くのデジタル保存戦略において不可欠な要素となっており、デジタルオブジェクトの真正性を文書化すると同時に、フォーマット間の使い勝手を維持するため、データライフサイクルの重要な一部となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]