創傷治療用生物製剤の市場規模、2027年に24億米ドル到達予測

創傷治療用生物製剤の市場規模は、2022年の18億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には24億米ドルに達すると予測されます。同市場の成長は、熱傷の発生率の増加と創傷治療用生物製剤の革新によりもたらされています。

COVID-19の創傷治療用生物製剤市場への影響

COVID-19パンデミックの出現により、世界各国の医療提供体制が変化しています。COVID-19患者の入院率の上昇によるプレッシャーは、多くの病院や診療科の再整備につながりました。その結果、利用可能な限られた能力をCOVID-19患者のケアに確保したため、多くの選択的手術がキャンセルすることになりました。

Advances in Wound Careに掲載された研究によると、2020年6月までに、COVID-19の治療中に、PPEキットを着用した医療サービス提供者の80%が、デバイス関連の圧迫損傷、湿気に関連した皮膚損傷、皮膚の裂傷など、複数の皮膚損傷を受けたと報告されました。主に鼻梁、頬、耳、額、脇の下、鼠径部、四肢などの部位に生じたこれらの損傷は、極端な場合、損傷部位の表面の一部または全部を失い、慢性的な傷につながる可能性があります。これらの全症例のうち、68.2%が機器による圧迫損傷、26.1%が水分による皮膚損傷、5.7%が部分的または全面的な皮膚裂傷でした。このような傷害を治療するために、医師や看護師は、傷の治癒を早めるために創傷ケア用の生物学的製剤を使用しています。この事例は世界中で発生しており、COVID-19状況下において、創傷ケア生物製剤市場の成長を促進すると予想されます。

疾病・病態の蔓延化による、創傷治癒能力への影響

慢性創傷や手術創などの身体的健康状態は、創傷治癒にマイナスの影響を与えます。慢性創傷や手術創の有病率は過去10年間で著しく増加しています。これは主に、世界的な高齢者人口の増加、外傷性創傷の増加、手術件数の増加、糖尿病などの疾患の有病率の上昇に起因しています。糖尿病は、感染症、潰瘍、慢性創傷などの創傷の発生率や複雑性を高め、法外な医療費を負担させることになります。潰瘍を早期に治癒させることは、切断予防や四肢保存のために極めて重要であることは明らかです。バイオエンジニアリングされた皮膚代替物のような創傷治療用生物学的製剤は、2つの主要な作用機序によって慢性潰瘍の治癒を促進します。一つには、マトリックスタンパク質を沈着させ、血管新生を促進する生きたヒト真皮線維芽細胞の提供です。もう一つには、予め形成されたコラーゲンマトリックス、受容体、結合した成長因子を提供することで、宿主の上皮細胞の移動とコロニー形成を促進し、創傷の癒合を促します。創傷治療用生物学的製剤が提供するこのような利点は、創傷の早期治癒に対する需要を刺激します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]