エンタープライズパフォーマンス管理(EPM)の市場規模、2027年に83億米ドル到達予測

エンタープライズパフォーマンス管理(EPM)の市場規模は、2022年の60億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2027年には83億米ドルに達すると予測されています。EPMソリューションには、運用コストの削減、ビジネスプロセスの最適化、セキュリティや規制への準拠といったメリットがあり、市場の拡大が見込まれています。業務効率の改善と収益性の向上が期待できることから、製造業、BFSI、小売業、消費財などの業種からEPMソリューションに対する需要が高まっており、発展途上国全体で市場の成長を大きく後押ししています。

COVID-19のエンタープライズパフォーマンス管理への影響

COVID-19の状況下で、従業員の安全を維持する必要から、多くの組織が規則、規制、コンプライアンス、ポリシーの変更を余儀なくされています。事業の中断は、労働力の移動と人事との調整ができなくなったことによるもので、中央政府や州政府が旅行や国境を越えることに制限を課していることがその原因です。社会的距離を置くことで、現在の企業のあり方を考え直し、業務効率を維持するためにその選択を再考することを余儀なくされています。各国政府は、COVID-19の流行に対抗するため、クラウドプロバイダーと緊密に連携しています。フランスの大手相互保険会社であるMACIFグループは、Google Suiteを使って、事業継続を確保し、8,000人以上の従業員のつながりを維持することに成功しました。MACIFのスタッフは、日々1,300を超えるGoogle Meetビデオ会議を開き、コラボレーションバーチャルルームを広範囲に使用することで、不測の事態における遠隔勤務で、重要な人のつながり、交流、応答性を広めることに成功しました。

牽引要因:収益性を向上させる運用コストの削減

組織は、日々の財務パフォーマンスを追跡するためにEPMシステムを活用しています。充実したEPMシステムによって、チーム全体の効率性を維持し、手作業をなくすことができます。EPMツールでさまざまなビジネスプロセスを可能にすることは、組織の成長、収益性、説明責任を促進します。EPMは、すべてのビジネスセグメントに可視性を提供し、各ビジネスセグメントのコストと収益性を分析します。この機能は、ビジネス要件を予測し、競争市場において変化する経済的要件に対応するために利用することができます。このように、EPMの導入は、より高い利益とマージンを提供し、収益性とビジネスパフォーマンスを向上させます。例えば、EPMは保険会社にコスト管理と収益性分析ツールを提供し、複雑で詳細な計算を実行して利益の可能性を定義します。また、メーカーにリアルタイムで正確なコストと分析ツールを提供することによって、収益性を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]