医薬品添加剤の市場規模、2027年に115億米ドル到達予測

医薬品添加剤市場は、2022年の86億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2027年には115億米ドルに達すると予測されています。ジェネリック医薬品の生産量増加と相まって、医薬品市場が急速に拡大していることが、同市場の成長を後押ししています。一方、医薬品や賦形剤の承認に関する規制の厳しさが増していることに加え、コストと時間のかかる医薬品開発プロセスが、同市場の成長を抑制するものと見られています。

COVID-19が医薬品添加剤市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、製薬業界に大きな影響を及ぼしました。発生後に課されたロックダウンは、インドや中国などの製造拠点からの原材料の供給を中断させました。このため、医薬品の開発と製造が遅れ、アウトソーシングに大きく依存していた企業に深刻な影響を与え、医薬品のエコシステム全体が混乱しました。さらに、規制当局も、医薬品摂取後の患者の安全性を最大限に確保するために、新たな法律の再構築を余儀なくされました。ロックダウン終息後、医薬品業界は勢いを増し、特にヒドロキシクロロキンやレムデシビルなど、COVID-19に対して良好な結果を示した医薬品に対する需要が高まりました。これらの医薬品の需要増は、一部の企業の収益増を牽引しました。また、医薬品の大量生産は、医薬品添加剤製品の需要にプラスの影響を及ぼしました。

牽引要因:ジェネリック医薬品の成長

業界の専門家によると、ジェネリック医薬品の発展により、ブランド医薬品業界は大幅な収入減と数量減に見舞われると予想されています。これにより、安価なジェネリック医薬品の市場参入が可能になり、医薬品の販売量全体が増加することになります。また、新興国での購入しやすい価格と医療費の増加も、今後のジェネリック医薬品の販売量を押し上げると思われます。これは医薬品添加剤市場の成長にとってポジティブな指標と考えられています。

抑制要因:コストと時間がかかる医薬品開発プロセス

カリフォルニア生物医学研究協会(CBRA)によると、医薬品が研究所から患者のもとに届くまでには12年を必要とし、毒性試験だけでも1〜6年かかるとされています。さらに、医薬品開発プロセスにおける後期段階の失敗も、医薬品開発に関わる時間とコストに影響を及ぼします。賦形剤と医薬品の製造は近年大きな進歩を遂げているものの、高額な設備投資が必要なため、市場成長の妨げになることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]