配合飼料の市場規模、2027年に6,412億米ドル到達予測

配合飼料の市場規模は、2022年の5,213億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2027年には6,412億米ドルに達すると予測されています。配合飼料は、サプライチェーン全体において飼料と食品の安全性を確保する上で重要な役割を担っています。肉や乳製品の需要の大幅な増加により、家畜の飼育や畜産が盛んに行われています。また、動物の発育のために適切な栄養の必要性も高まっており、家畜のための配合飼料の需要を促進しています。さらに、国内外の食品・外食チェーンの成長、発展途上国における組織化された畜産部門の成長、精密栄養技術に対する意識の高まりなどが、配合飼料の消費量増加につながっています。

牽引要因:家畜飼育のための近代的な技術の採用

家畜の飼育は、農地と良好な環境の維持が必要であるため、高価格となります。農地が減少している一方で、農場あたりの動物数は増加していることが確認されています。一方、テクノロジーとツールによって畜産は容易になり、商業面でも農家に市場機会を提供しています。従来、飼料は家畜用に特別に設計されたものではなく、家畜の成長は商業的な要求通りにはいきませんでした。家畜管理の産業化が進むにつれて、農家は最新の給餌方法と収益性を高めるために有益な方を選択するようになっています。精密動物栄養学は、家畜の栄養に対する結果を最大化にすることを目的として、飼料資源を効果的に活用する学問であり、家畜の栄養要求を満たす飼料を提供する効果的なプロセスです。

抑制要因:配合飼料の原料価格の変動

種子や植物の葉などの原材料の価格には変動が見られ、その抽出方法も生産者にとっては高コストです。また、トウモロコシ、大麦、オーツ麦などの穀物のコストは上昇しています。世界的な人口増加とそれに伴う食料需要の増加により、業界はトウモロコシ、小麦、大麦などの原料飼料の調達に厳しい状況に直面しています。

市場機会:新興国における集約的畜産の発展

発展途上国における家畜の生産性の低さは、若い家畜の不適切な給餌に反映されており、これは不十分な給餌管理に起因しています。 政府の政策と経済戦略では、農家に対し、追加の輸入飼料を使った半集約的システムへの移行を奨励しています。 これは、集約的畜産が新興国で活況を呈している要因となっており、飼料メーカーが新興国市場で成長する機会となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]