水素エネルギー貯蔵の市場規模、2027年に1,192億米ドル到達予測

水素エネルギー貯蔵の市場規模は、2022年の138億米ドルからCAGR54.0%で拡大し、2027年には1,192億米ドルに達すると予測されています。水素エネルギー貯蔵市場の成長要因は、産業分野での水素需要の増加、定置およびモバイル電力アプリケーションの需要増が挙げられます。

牽引要因:産業部門における水素需要の増加

水素は、ガラス、肥料、金属精錬、化学など、さまざまな産業用途で使用されています。これらの産業はすべて、環境に関する法律や顧客の傾向によって、二酸化炭素排出量の削減が急務となっています。従来の化石燃料を使用する溶融システムは、その能力がピークに達しているため、厳しいCO2、NOx、SOxの排出規制を満たすことが課題となっています。例えば、ガラス産業では、複雑で高価なアドオン技術を導入しても、目標を達成することは困難になっています。そこで、水素加熱のような代替燃料の利用が最も現実的な解決策であると考えられています。これは、電気炉の昇圧とハイブリッド溶融システムの組み合わせ、あるいは全電動化によって達成される可能性があります。多くの水素エネルギー貯蔵システムプロバイダーが、ガラス製造の「ゼロエミッションプロセス」への移行を目指しており、その選択肢を検討しています。各国政府は、クリーンなエネルギー生成を実現するために、二酸化炭素排出量の削減に注力しています。例えば、ドイツガラス工業連盟(BV Glas)は、エッセンのHyglassプロジェクトを通じて、グリーン水素をガラス製造の燃料としていかに利用できるかを研究しています。このプロジェクトは、ガス・熱研究所(GWI)と共同で、工業プラントで水素を利用するための基礎を作っています。ガラスの溶解工程で天然ガスを水素に置き換えることで、ドイツ全体で年間約330万トンのCO2排出量を削減することができます。

石油精製分野では、水素エネルギー貯蔵システムが重要な役割を担っています。水素は、石油精製やアンモニア合成に多く使われています。製油所では精製過程の副産物として水素が発生しますが、この副産物水素は通常、製油所全体の水素需要を賄うには不十分な量です。そのため、天然ガスやナフサ改質を利用した、現場での水素製造が必要となります。天然ガス改質装置は、製油所全体の水素需要に対応するため、現場で建設されることが多くなります。このように、最終用途産業における水素エネルギー貯蔵システムの需要の高まりは、同市場の需要を生み出すと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]