エネルギー管理システムの市場規模、2027年に750億米ドル到達予想

エネルギー管理システムの市場規模は、2022年の386億米ドルからCAGR14.2%で成長し、2027年には750億米ドルに達すると予想されています。リアルタイムでのデータ通信により、電力会社は、迅速な価格設定、停電の検出、電力盗難の特定、メーターデータの改ざんの回避、上質なサービスの提供などのメリットを獲得できるようになります。スマートビルディングでは、センサーやアクチュエーターを搭載した機器が設置され、消費者や電力会社の判断により、電気負荷の接続を遠隔で管理することが可能になります。スマートグリッドやスマートメーターの導入が進むことで、エネルギー管理システム市場は世界的に拡大し、省エネ意識を広めるための法律や規制が、各国政府によって施行されています。これらの規制や政策は、エネルギー管理システム市場の推進力として機能しています。

牽引要因:エネルギー効率を高め、気候変動に対処するための政府政策

エネルギー消費量の削減と省エネルギーの普及を目的とした法律や規制が、各国政府によって制定されています。これらの規制や政策は、産業、商業、住宅などの用途で、EMS市場の推進力として機能しています。各国政府は、さまざまなプロセスを含む脱炭素化に向けて取り組んでいます。多くの国でエネルギー消費と二酸化炭素排出量の削減に関する基準や規範が制定され、導入されています。ISO 50001の開発は、すべての国、すべてのセクターで適用できるベストプラクティスの標準化や、国際的なアプローチを提供します。これは、企業、産業、経済におけるエネルギー管理能力の構築を支援するフレームワークを提供するもので、他にも、エネルギー消費を減らすことで、電力消費による二酸化炭素排出量を削減する政策が国レベルで運用されています。現在、企業は、他のプレイヤーとの差別化を図るために、環境の持続可能性を利用することで、競争上の優位性をもたらし、ポジティブなブランドイメージの形成をはかっています。EMSソリューションは、組織のエネルギー節約への取り組みを支援します。このような政府の政策と気候変動への取り組みは、エネルギー管理システムの推進要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]