感染症診断の市場規模、2022年からCAGR-1.4%で減少し2027年に331億米ドルに縮小見込み

感染症診断の市場規模は、2022年の355億米ドルからCAGR-1.4%で減少し、2027年には331億米ドルに縮小する見込みです。同市場は、感染症の世界的な流行と早期診断に対する意識の高まり、集中型ラボから分散型POC検査へのシフト、技術的進歩の高まりなどにより、需要を維持し続けています。

COVID-19が感染症診断市場に与える影響

COVID-19の検査は、依然としてこの病気の急速な拡大を抑制するための重要なステップであるため、各国政府機関は、COVID-19検査手順の合理化に向けて検査室を支援しています。COVID-19パンデミックはほとんどの企業の売上全体にマイナスの影響を与えましたが、感染症診断法市場にはプラスの影響を及ぼしました。

規制当局はCOVID-19診断薬の認可を早めるための制度を活用しました。さらに、主要企業は、COVID-19迅速検査を導入し、その影響を無効化するための戦略的開発を行いました。診断検査は、COVID-19対応のバックボーンとして、流行を緩和するための封じ込め作業をサポートしました。また、大量検査の需要に対応するための診断ソリューションの開発が加速し、市場の参入企業は、その検査と追跡のための事業を拡大しました。

一方、このパンデミックは減少傾向を示しており、感染症診断薬市場の成長率は低下しています。COVID-19の流行が始まって以来、WHOはウイルスの蔓延を遅らせたり食い止めたりするための公衆衛生対策に取り組んでいます。ワクチンは、他の対策と組み合わせることで、COVID-19から人々を守り、広範な社会的混乱を軽減する重要なツールとなっています。

牽引要因:世界的な感染症の流行

先進国および発展途上国における感染症の流行は、感染症診断薬市場の成長にプラスの影響を与え、予防医学の高まりと同時に、感染症診断薬の需要を促進することが予想されます。感染症の予防と制御の取り組みを向上させるためには、広範な人口ベースの検査が必要です。これらの検査は感染症診断薬によって実施されるため、市場にはプラスの影響を与えています。

市場機会:成長経済圏での機会拡大

インド、韓国、ブラジル、メキシコなどの発展途上国は、感染症診断薬市場に参入している主要企業にとって潜在的な成長機会を提供することが期待されています。これは、同地域における高い疾患罹患率、患者数の多さ、医療インフラの改善、可処分所得の増加、医療観光の増加などに起因しています。これに加え、アジア太平洋地域は、規制やデータ要件が比較的厳しくないため、適応力がありビジネスに適したハブとして台頭しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]