3Dプリント用プラスチックの市場規模、2027年に19億700万米ドル到達予測

3Dプリント用プラスチックの市場規模は、2022年の7億2,100万米ドルからCAGR21.5%で成長し、2027年には19億700万米ドルに達すると予測されています。3Dプリント用プラスチックの用途別グレードの開発が、今後の市場の成長を促進すると予想されます。一方、製品の廃棄に関する環境問題や、新興国での新技術の受け入れに関する遅れが、同市場の成長にマイナスの影響を及ぼしています。

COVID-19の3Dプリント用プラスチック市場への影響

COVID-19の発生は、世界200カ国以上に影響を与えるパンデミックとなり、個人用保護具(PPE)と医療用品の深刻な不足が生じました。医療機器製造ラインは、世界的な需要の影響を受け、シンプルで低コスト、かつ迅速な製造方法が必要となりました。このギャップを埋め、医療機器の生産ラインを増やすために、メーカーは3Dプリントに目を向け、その製造要件を満たすために、従来の設計が修正・再設計されました。一方、航空宇宙・防衛、自動車、電子機器、消費財などの他の最終使用産業では、北米、欧州、アジア太平洋地域を中心に実施されたロックダウンのために成長が減少しています。3Dプリンティング用プラスチック材料の製造装置の多くが、各国での操業や製造設備の停止を余儀なくされ、その生産能力は低下しています。

牽引要因:主要ポリマー企業の統合による3D印刷用プラスチックの供給増加

3Dプリント技術は、現代における革新的技術の1つと考えられています。航空宇宙・防衛、ヘルスケア、自動車、電気・電子など、さまざまな最終用途産業で継続的にその裾野が広がっています。これらの産業における3Dプリント技術の利用拡大が、材料需要の拡大に寄与すると期待されています。当初、3Dプリント用プラスチックの供給者は、この技術を使用して開発された製品に付加価値を提供する中間業者でしたが、その供給能力は低いものでした。その後、供給メーカーは世界中で増え続けており、様々な産業での需要に対応するために、十分な供給量を確保できるようになりました。Arkema SA、Covestro AG、SABIC、Evonik AG、Henkelなどのポリマー企業は、ここ数年、川下統合を行うことで3Dプリント用プラスチック市場に参入しています。これにより、今後数年間は3Dプリント用プラスチックの供給がさらに増加し、市場の成長につながると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]