エネルギー回収型ベンチレーター用コアの市場規模、2027年に13億6,000万米ドル到達予測

エネルギー回収型ベンチレーター用コアの市場規模は、2022年の9億4,700万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には13億6,000万米ドルに達すると予測されています。エネルギー回収型ベンチレーター用コア市場は近年大きく成長しており、今後数年間は高い成長率で推移すると思われます。その需要増加の主な理由は、室内空気質に対する消費者の意識の高まり、規制機関による換気基準の引き上げ、環境条件の変化などが挙げられます。

COVID-19のエネルギー回収型ベンチレーター用コア市場に与える影響

同市場は、COVID-19の流行により中程度の影響を受けました。2020年の感染の始まった時期に、非住宅建設活動は本質的に必要でないと判断され停止されました。中国などの空調関連製造業の多くの労働者は移動を制限され、その結果、企業の業務再開は認められず、建設プロジェクトは停止し、HVAC関連機器の作業現場への立ち入りが制限されました。また、ビルサービス研究・情報協会(BSRIA)は、COVID-19が2020年と2021年のHVAC関連製品およびビル制御機器の販売に与える影響を評価する調査を実施した結果、2020年の売上にマイナスの影響を与えるとの結果を得ています。同様に、HVAC Informedが、関連業界に対するCOVID-19の影響について、業界の専門家グループを対象に調査を実施したところ、ネガティブな影響が感じられるという点で意見が一致しました。2020年、COVID-19ウイルスの伝播により、医療施設は清潔で新鮮な空気を必要とし、HVAC機器の需要は大幅に増加しました。一方で、サプライチェーンの混乱により、HVAC関連機器のプロバイダーには物流の問題が発生しました。

牽引要因:室内空気の質に対する注目の高まり

一酸化炭素、揮発性有機化合物(VOC)、ホルムアルデヒド、ラドンなどの室内汚染物質は人体に有害であり、同時に高い湿度は不要な病原菌や真菌の繁殖を引き起こすため、住宅、商業施設、工業施設は常に新鮮な空気を必要としています。その結果、新鮮な空気を十分に供給するために、よりタイトで効率的な機械換気のソリューションが求められています。COVID-19の大流行は、CDC(米国疾病管理予防センター)やASHRAE(米国暖房冷凍空調学会)がウイルスへの対応として換気の強化を提案したことで、室内の空気環境に対する意識の高まりにつながりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]