建築用メタルコーティングの市場規模、2027年に64億米ドル到達予測

建築用メタルコーティングの市場規模は、2022年の51億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2027年には64億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、特に新興国における建設業界からの需要増に起因しています。

COVID-19の建築用メタルコーティング市場に与える影響

世界経済は予想よりも弱い状況で2022年を迎えました。COVID-19の新型オミクロン株の拡大に伴い、各国は移動制限を再強化しています。エネルギー価格の上昇と供給の途絶により、米国と新興国および発展途上国を中心に、予想を上回るインフレが発生しています。中国の不動産セクターの縮小や、個人消費の回復が予想より遅かったことも、成長見通しを制限しています。

COVID-19 の流行が始まって以来、建築用金属塗装用の原材料価格は非常に不安定になっています。2020年に、様々な産業の生産が停止し、原材料の必要量が低下しました。2020年の最初の四半期には、大きな需給ギャップが発生し、価格は下落しました。さらに、最終製品の需要減少に伴い、原材料メーカーがやむを得ない活動停止により生産量を減少させました。

牽引要因:建築用メタルコーティングの、建物の壁面被覆や屋根への利用増加

金属建築は、住宅や商業ビルの壁用途で人気が高まっています。金属クラッディングは、従来の材料と比較して様々な利点があります。最も顕著な利点のひとつは、金属クラッディングが屋根材に有効であることです。一般的に、湿気や雪の滑落を保証するために、斜めの屋根には金属が選ばれます。金属は、今日市場で入手可能な最も魅力的なクラッディングの1つです。金属屋根のクラッディングは、他の屋根材よりもコストがかかる一方で、非常に耐久性があります。さらに、もう一つの大きな利点は、その簡単な設置です。金属製のクラッディングシートは軽量で大型なので、1枚のシートで広い面を覆うことができます。

抑制要因:バイオベースポリマーなどの代替品への需要増

押出コーティングに使用されるポリマーには、LDPE、EVA、PPなどがあります。これらのポリマーを加工すると有害な副産物が発生し、二酸化炭素排出量も増加する可能性があり、再生不可能な資源から作られています。そこで、トウモロコシのでんぷん、木材セルロース、植物油脂、小麦繊維などの農業副産物や原料を使った新しいバイオベースポリマーが、代替品として使われるようになっています。バイオベースポリマーには、天然バイオベースポリマーと合成バイオベースポリマーがあります。これらは、従来使われてきたポリマーに比べて多くの利点があり、二酸化炭素排出量を42%削減できるという研究結果もあります。

市場機会:グローバルプレイヤーによる新興国への生産拠点シフト

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ(BRICS)などの新興国は、インフラ整備や大規模かつ長期的なプロジェクトに投資しています。また、北米や西欧に比べ高い成長率を示しており、これらの地域に拠点を置く大手企業が、新興国での成長機会を求めて競い合っています。アジア太平洋地域の市場では、Akzo Nobel、ArcelorMittal、Tata Steelなどの企業が、スウェーデン、フランス、ポルトガル、イギリスから、中国、サウジアラビア、インドなどの国々にコイルコーティング施設を移転させており、市場機会を創出しています。新興国における需要の増加と産業の成長が、コーティング剤市場全体の拡大に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]