RPAとハイパーオートメーションの市場規模、2027年に260億米ドル到達予測

RPAとハイパーオートメーションの市場規模は、2022年の92億米ドルからCAGR23.1%で成長し、2027年には260億米ドルに達すると予測されています。主要産業における自動化需要の高まりと投資収益率の向上が、今後数年間におけるRPAおよびハイパーオートメーションの成長に市場機会を提供するものと思われます。世界中の組織は、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、変化し続ける市場環境の中で競争力を維持するために、AIとML技術に献身的に投資しています。しかし、RPAおよびハイパーオートメーションソリューションを採用するための主な課題は、自動化するべきビジネスプロセスの特定と、自動化前のビジネスプロセスの最適化にあります。

RPAとハイパーオートメーションの高度技術によるDXの成長

ハイパーオートメーションは、RPA(Robotic Process Automation)、ML(Machine Learning)、AI(Artificial Intelligence)などの高度な技術を駆使した真のデジタルトランスフォーメーションで、専門家を必要とした複雑な業務プロセスの自動化を可能にしました。ハイパーオートメーションは、AI技術とRPAを融合させることで、ビジネスパーソンが行っていた仮想的な作業を自動化することができ、その進化とともに台頭してきています。企業は、人を中心とした知的な作業環境へと実務を移行しており、競争力を維持するためにテクノロジーと自動化機器を採用することで新時代をもたらしました。あらゆる種類のオートメーションを密接に連携することで、企業はテクノロジー特有の利点を超えて、真のデジタルアジリティとスケールの柔軟性を手に入れることができます。

規制や制約を考慮した会計処理

企業は、デジタルワークフォースを導入した後、しばしば自分たちの期待とビジネスプロセスへの可視性がずれていることに気づかされます。進化するタッチポイント、コントロール、または意思決定に関連するビジネスプロセスは、運用を再開する前に、本番環境から引き出して再分析し、修正する必要があります。並行する、あるいは相反するデジタル施策は、関連するROIに大きな影響を及ぼします。テクノロジーの加速度的な進歩に伴い、組織はデジタルプログラムの実施を加速して、さまざまな機能を利用したいと考えるようになりました。望ましい目標を達成するために、技術的な取り組みが行われています。

主要産業間における自動化の市場機会

あらゆるセクターで、進化するテクノロジーに対応したアップデートが試みられています。ハイパーオートメーションは、企業の安全違反を発見し、事故や負債へのリスクを軽減します。また、現場作業員が歩行者用レーンを正確に歩いているか、安全装置が適切か、常に装着されているかを確認することもできます。さらに、現場の挙動をリアルタイムでデータ化することで、推測ではなくデータに基づいた調整を行うことができるため、建設業界やその他の業界における自動化の統合と高い普及が、市場機会を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]