ピリジンおよびピリジン誘導体の市場規模、2027年に9億4,000万米ドル到達予測

ピリジンおよびピリジン誘導体の市場規模は、2022年の7億100万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2027年には9億4,000万米ドルに達すると予測されています。同市場は、農薬、医薬品、ラテックス、食品、電子機器などの最終用途産業の発展に牽引されています。

COVID-19のピリジンおよびピリジン誘導体市場への影響

COVID-19のピリジンおよびピリジン誘導体市場は、社会的距離の確保や、ロックダウンおよび製造業務の停止などにより、影響を受けています。多くの企業が、COVID-19パンデミックの中、事業を継続するために短期計画を採用し、非接触型配送によるオンラインプラットフォームで製品の販売を開始しました。さらに、企業は人員を50%削減し、従業員の大半は在宅勤務になりました。一方、主要な最終用途産業である医薬品と農薬部門は、政府の支援により大きな混乱はありませんでした。

牽引要因:発展途上国における農薬の受け入れ拡大

 農薬業界のグローバル化は、アジアの農薬市場に多大な影響を与えました。人口の増加率が高く、食糧生産へのニーズが増加し、経済成長が進む中、除草剤や殺虫剤などの農薬の需要が高まっています。アジア太平洋地域の発展途上国では、食料品の需要が増加する一方で、都市化の影響により農業に利用できる土地は減少しています。農家は土壌の健全性を維持し土地の生産性を高めるため、さまざまな農薬を使用するようになりました。農薬の使用量の増加は、ピリジンおよびピリジン誘導体市場を牽引すると予想されます。

抑制要因:中国および欧州の一部の国におけるパラコートの使用制限

パラコートは中国を含む36カ国で使用が禁止されており、一部の国では使用が制限され、PANインターナショナルのDirty Dozen(1985年)、Highly Hazardous Pesticides(2010年)にリストアップされています。また、UTZコーヒー認証、レインフォレスト・アライアンス(バナナ、コーヒー、カカオ、シトラス)、フェアトレード・ラベリング機構、コーヒー共同体の共通コード、森林管理協議会、ProTerra、世界銀行、Dole、Chiquitaなど多くの非規制機関がピリジンの使用を禁止しています。

市場機会:米国、ブラジル、インドなどでのパラコート使用の増加

パラコートは、欧州や中国の一部で使用が禁止されていますが、他の多くの国ではまだ使用されています。米国では、ラウンドアップ対策に、遺伝子組み換えさ大豆に依存しており、広く使用されています。雑草はラウンドアップ除草剤を受け付けないため、農家はパラコートのような、より強力で効果の高い化学薬品を使用する必要があり、米国ではパラコートの需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]