灌漑自動化の市場規模、2027年に92億米ドル到達予測

灌漑自動化の市場規模は、2022年の42億米ドルからCAGR17.2%で成長し、2027年には92億米ドルに達すると予測されています。これは、発展途上国における農業機械化のための政府支援、スマート灌漑技術の採用、節水の必要性などにより、牽引されています。

Covid-19の灌漑自動化市場に対する影響

パンデミックにより、世界の多くの地域で労働力が確保できなくなりました。この期間、灌漑自動化産業は大きな成長を目撃しました。農家は、灌漑自動化システムの導入により、農地の灌漑がより簡単になり、実現可能なものになりました。パンデミックにより、原材料の入手困難、サプライチェーンの混乱、国境を越えた貿易の制限など、生産プロセスに一定の支障が生じたものの、灌漑自動化産業全体への影響は大きくありませんでした。

牽引要因:灌漑自動化技術の農家への認知度向上

農家レベルでの灌漑自動化の導入には、さまざまなメリットがあります。労働力や電力コストの上昇に伴い、農家の自動灌漑技術に対する意識は高まっています。豪州では、多くの農家が、自動灌漑システムを使用することで、日々の電力消費量が大幅に減少し、灌漑プロセスに対する時間と労力が軽減されるようになりました。また、農家の人たちは、農場に足を運ぶ回数を減らすことができ、人件費の削減にもつながりました。さらに、灌漑の水量や時間を正確に決定することで、農業の精度を向上させることが出来ました。このことは、農家が直面する作物の損失を減らし、全体的な収穫量を向上させるのに役立ちます。

抑制要因:データの管理と集計の業界標準の不在

データ管理と集計は、灌漑自動化市場における主要な課題です。スマート農業ツールを使用する農場から得られるデータは、生産の意思決定に役立つため、非常に重要です。しかし、農業データを管理するための業界標準が存在しないため、生産者にとって作業が困難になっています。業界全体でデータ管理システムを標準化し、オペレーションの統一を可能にすることが、今後の課題となります。生産者や農家の多くが、データを有効に活用することを知りません。農家や生産者に適切なデータ管理ツールや技術を提供し、データの取得、管理、処理、有効利用を実行することが重要になります。

収集された生のデータは、その後、文脈、関連性、優先順位に基づいて、意思決定に利用できるような形で処理されます。農家や生産者が日々の活動を改善するために、簡単に使えるデータ管理デバイスやその他のソリューションが提供されることで、スマート農業技術やツールの採用率は高まります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]