バイオ分析試験サービスの市場規模、2027年に60億米ドル到達予測

バイオ分析試験サービスの市場規模は、2022年の29億米ドルからCAGR15.6%で成長し、2027年には60億米ドルに達すると予測されています。2021年のバイオ分析試験サービス市場では、北米が最大のシェアを占め、欧州がそれに続きました。北米のバイオ分析試験サービス市場の成長に影響を与える主な要因は、確立された製薬業界、大手サービスプロバイダーの強力なプレゼンス、進行中の多数の臨床試験研究、高い研究開発費、バイオシミラーおよびジェネリック市場の成長、製薬およびバイオ医薬品会社による前臨床、臨床、ラボ試験サービスの外注の増加などが挙げられます。

COVID-19のバイオ分析試験サービス市場における影響

COVID-19の流行により、2020年1月以降、世界的な医療危機が発生し、経済的影響が広範囲に及んでいます。バイオ分析検査サービス市場は、当初このパンデミックによってマイナスの影響を受けました。製薬会社はパンデミックの影響を軽減するために研究所を閉鎖し、産業界の仕事も停止しました。さらに、最も大きかったのは現地での人員制限で、大手製薬会社のほとんどが、完全に業務を閉鎖されました。このほか、実験室では、社会的距離の保持、消毒手順の増加、症状の自己監視、PPE要件の強化などが求められました。

臨床試験実施施設では、登録者数が減少し、スタッフの数も制限されたことで、試験スケジュールに大幅な遅れが生じました。その後、北米と欧州を中心とするほとんどの地域で、サービスが正常な状態に回復していることが確認されています。

アジア太平洋地域の市場は、特に中国とインドで回復が遅れています。よりスムーズなワークフローと迅速なターンアラウンドタイムに対するニーズが、今後の市場成長を後押しする可能性があります。

牽引要因:生物製剤およびバイオシミラー分析試験への注目

生物製剤は、最も有望な治療分野の1つであり、医薬品市場において重要性を増しています。現在、慢性疾患は増加傾向にあり、約800の製品がパイプラインにあります。一方、生物製剤のコスト高や、医療費削減に対する各国政府の関心から、近年はバイオシミラーへの注目度が高まっています。また、生物学的製剤の特許などの期限が迫っていることから、バイオ後続品やバイオシミラーの開発機会が増えています。GaBiによると、2020年までに、売上高670億米ドル以上の12の生物学的製剤が主要市場で特許切れを迎える予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]