ロボットとオートメーション用アクチュエータの市場規模、2027年に358億米ドル到達予測

ロボットとオートメーション用アクチュエータの市場規模は、2022年の187億米ドルからCAGR13.9%で成長し、2027年には358億米ドルに達すると予測されています。多くの産業界が、シンプルな設計で操作が簡単で、かつ費用対効果の高いロボティクスおよびオートメーション用アクチュエータを採用することが予測できます。

牽引要因:ロボティクスとオートメーションアクチュエータにおける継続的な技術進歩

ロボティクスとオートメーション用アクチュエータの性能向上への期待により、電気式アクチュエータ、小型空圧アクチュエータ、防爆アクチュエータなどの新しい高度なアクチュエータの開発が行われています。電気式アクチュエータは、技術的に最も進んでおり、静音性、クリーン性、無毒性、エネルギー効率に優れているため、鉱業、オートメーション、航空宇宙・防衛、化学などの分野で利用されるようになっています。また、空気圧式や油圧式のアクチュエータよりも効率的で、データバス通信を利用して重要なシステムに統合することができます。さらに、エンドエフェクターの動きを即座にフィードバックし、モーター速度を正確に可変制御することができ、設置も簡単です。電気式アクチュエータの耐用年数は長く、メンテナンスも少なくて済むため、機能的な総コストが低く抑えることが出来ます。

さらに、ミニ電動アクチュエータ、デジタルリニアアクチュエータ、アイドルスピードコントローラなど、多様なアクチュエータも開発され市場に導入されています。このように、継続的な技術進歩は、様々なアプリケーションの増加につながり、世界中の需要を刺激することが期待されており、今後のロボティクスおよびオートメーション用アクチュエータ市場の成長に貢献することが期待されています。

抑制要因:石油・ガス産業における変化と原油価格の変動

アクチュエータは、石油化学産業において、サプライチェーンの自動化に使用されています。原油価格の下落は、世界中の石油・ガス探査活動に影響を及ぼしており、産油国の中には、現在保有する油井の最適な活用に力を注いでいる国もあります。新しい油田・ガス田の探査・開発活動は、非常にゆっくりとしたペースで行われています。このことは、アクチュエータ市場の成長に悪影響を与えています。原油価格はここ数年で大幅に下落し、ロボットやオートメーション用アクチュエータを含む、石油・ガスのサプライチェーンで使用されるコンポーネントの市場全体に影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]