農業用アジュバントの市場規模、2027年に47億米ドル到達予測

農業用アジュバントの市場規模は、2022年の37億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2027年には47億米ドルに達すると予測されています。アジュバントソリューションの、植物の葉面への有効成分の浸透を高めることで農薬の効能を向上させる利点が、市場の世界的な成長に寄与しています。これにより、農薬の必要量が減り、コストが削減されます。また、農業用アジュバントは規制当局の監督下にあり、使用に際して安全であること、葉面散布された農薬の洗い流しによる環境への影響を最小限に抑えることが要求されています。これらが、市場を牽引する重要な要因となっています。

COVID-19が農業用アジュバント市場に与える影響

2022年の開始とともに、各国政府がCOVID-19規制を緩和するために多くの措置を講じており、その結果、農業用補助剤にプラスに働き、2027年までの今後数年間で大幅な増加を目撃すると予想されています。また、新鮮な果物や野菜、穀物、油糧種子、豆類の需要はここ数年で大きく伸びています。これらの市場動向は、2027年までの同市場の需要を押し上げると予想されます。一方、2021-2022年の間に、COVID-19の変異株が市場に出回り、世界経済にマイナスの影響を与えることが目撃されています。これらの市場シナリオは、農業用アジュバント市場の需要にマイナスの影響を与えると考えられます。

牽引要因:グリーンアジュバントや有機栽培食品に対する関心の高まり

作物保護剤に添加されるアジュバントの大半は、主に石油やその他の有害な化学物質から派生したものです。このような化学物質由来のアジュバントを農薬に過剰に使用すると、環境、作物の栄養分と品質、そして人間の健康に影響を及ぼします。そのため、政府当局やアジュバントメーカーは、環境に優しく持続可能な製品に重点を置くようになりました。この傾向は、有毒で生態系内での生物濃縮を引き起こす可能性のある従来の石油由来製品よりも、環境への脅威が少ない天然由来製品の需要増につながると思われます。

抑制要因:アジュバント製造に関する厳しい規制

農業用アジュバントの製造や登録に関する規制は地域によって異なるため、輸出企業が生産工場を維持し、各国の仕様に準拠することは困難と言えます。各国とも厳しい環境規制があるため、新製品の開発コストが上昇し、上市が遅れる結果となっています。このことは、新規参入するプレーヤーにとって強い障壁となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]