コンベアシステムの市場規模、2027年に127億米ドル到達予測

コンベアシステムの市場規模は、2022年の94億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2027年には127億米ドルに達すると予測されています。製造業では、大量の材料や製品を効率的に処理する必要性から、産業用オートメーションに対する需要が高まっています。コンベアシステムは、マテリアルハンドリングプロセスの重要な部分であり、産業のあらゆるステップに関与しています。同市場の成長は、産業の成長、拡大、近代化、製品やプロセス固有の条件などの要因に影響されます。

COVID-19のコンベアシステム市場への影響

COVID-19の危機は、観光、健康、小売、サプライチェーンに基づく多くの分野に多面的な影響を及ぼしました。コンベアシステム業界は、採掘からサプライチェーンのほぼ完全な停止に至るまで、サプライチェーンが寸断され、大きな打撃を受けました。コロナウイルスが大流行した当初は、ほとんどの原材料の需要が先に下落し、移動制限によりサプライチェーンに混乱が生じ、多くのメーカーが生産能力を低下させました。その結果、価格が上昇し、鋼鉄、ゴム、ポリマー、制御システムなど、コンベアシステムの製造に不可欠な原材料の供給がより制限されることになりました。世界的に調達が制限された影響もあり、COVID-19の初期には需要の減少が見られましたが、その後、規制緩和や人々の移動によりほぼ通常通りになっています。空港、鉱業セクター、ロジスティクス、eコマース、組立ラインの生産などの業務が増加しているため、今後のコンベアシステム市場の成長を促進する可能性があります。

牽引要因: eコマースの急成長

オンラインショッピングの人気の高まりは、Eコマース業界の成長を後押しする要因となっています。Flipkart(インド)やAmazon(米国)などのEコマース企業は、オンラインショッピングの利用者の間で非常に高い人気を誇っています。そのため、倉庫に大量の商品をストックしておく必要があります。Eコマース企業が競争に勝つためには、注文の正確さ、当日の即日配送、無料返品などを提供する必要があり、企業は、配送時間を短縮するための経済的な方法を常に模索しています。自動倉庫(ASRS)や自動搬送機などのマテハン機器におけるデジタル化は、包括的なソリューションとして浮上しています。ASRSはEコマース企業の間で人気を博しており、注文プロセスの効率的な処理に役立っています。オンライン購入の需要が増え続ける中、Eコマース業界におけるコンベヤシステムの需要は、近い将来、大きな伸びを見せると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]